また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【書評】山本文緒「自転しながら公転する」-仕事も親の看病も恋愛も。女32歳、このグチャグチャに未来はあるのか?


 プロローグとエピローグは書き下ろし、という「初出」の記述に驚いた。この2つがなくても物語は成立する。しかし、これがあることで見える景色がまるで違うのだ。プロローグを終えて1章を読み始めると、この話はプロローグに向かっての物語であることが分かる。読者である僕たちはそれを意識しながら読み進めて行くのだ。そして、エピローグ。ううむ、なんとも巧みな構成!やはりこの2つは不可欠だ。

 

 と書いたが、この小説の素晴らしさはそこではない。主人公の都は親の看病のため(という都合のいい口実ができて)東京から実家のある茨城・牛久に戻ってきた。今は近所にあるモールのアパレルショップで契約社員として働いている。32歳になる都の周りにはいろいろなことが起こる。職場でのいろいろ、実家でのいろいろ、そして恋愛でのいろいろ。それらがグチャグチャに混じり合って彼女は混沌の中にいる。

 

  職場の店長や先輩・後輩、本部の人、ひどい更年期障害の母や急に重病になる父、前の店の同僚だった女友だち。そして、いつの間にか親しくなった中卒で元ヤンキーのすし職人・貫一とベトナムからやって来たニャン君という若者。仕事では周りの人々に振り回され、父母の病気や思いがけない選択に呆然とし、女友だちと自分を比べ、羨み、嫉妬し、男たちとの関係では結婚に対する憧れと未来に対する不安で相手の気持ちも自分の気持ちもよく分からなくなってしまう。

 

 このグチャグチャを山本文緒は本当に丁寧に細やかに描いていく。会話のリアル、人間のリアル、思いのリアル、女性のリアル!女性読者の共感は大きいに違いないが、僕ら男にだっていろいろと響くものがある。

 

 タイトルが素晴らしい。人は自転だけでは生きていけない。当然だけど公転もしているのだ。そして、ようやくたどり着く、このラスト!エピローグ!そこでのこんな言葉!

別にそんなに幸せになろうとしなくていいのよ

 これはけっして諦観などではない。こう言い放つ主人公のしたたかさ。山本文緒7年ぶりの見事な物語!
◆DATA 山本文緒「自転しながら公転する」(新潮社)1800円(税別)

◯勝手に帯コピー(僕が考えた帯のコピーです)

自分も回る、周りも回る!

グルグルグルグル

自転公転グルグルグルル。

 

◯山本文緒さんはこちらもぜひ!

 

 

 

2021.1.15   緊急事態宣言は出されたものの、医療現場は危機的状況。今日あたりの数字が怖い。読書は吉田修一「湖の女たち」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ