また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【アート】国立新美術館「マティス 自由なフォルム」ー晩年の切り紙絵の世界、そして、ヴァンスのロザリオ礼拝堂の原寸大展示!他の作品も含めて大満足の展覧会。ぜひ!

 

 マティスは昨年6月に東京都美術館でかなり充実した展覧会を見たけれどこれもまた見応えのある展覧会。相互補完の部分もあって2年間でこの2つの展覧会を観られたのはかなり嬉しいことだった。

 今回の出品作品はそのほとんどがニース市マティス美術館の収蔵品。副題に「自由なフォルム」とあり「巨匠がニースに遺した切り紙絵のあざやかな世界。」という惹句もついているので、マティス晩年の切り紙絵の世界をクローズアップしていることが分かる。

 全5章のうち第4章が切り紙絵にスポットライトを当てていてここは見どころタップリ!前回の時も感じたけれど、体が不自由になった晩年の作品といっても、これはフォービズムの絵画に負けないぐらい価値がある。そのポップさや計算され尽くされた色と形の組み合わせは見るものの心を奪うに十分すぎる。カンヴァス5枚の大作「花と果実」クレオールの踊り子」「ポリネシア、海」などの作品はぜひぜひ観てもらいたい。

「マティス 自由なフォルム」国立新美術館 2024年 展示風景 撮影:中川周

 切り紙絵メインとはいえ、初期の写実的な絵から始まってフォービズムの絵画、彫刻や1920年のオペラ作品で手がけた衣装など他も充実してるので、マティスの天才性を知るには十分な内容だ。そして最後に登場するヴァンスのロザリオ礼拝堂!彼が室内装飾から司祭服までをデザインしたその礼拝堂の内部を原寸大で再現という展示にはビックリ!しかも24時間の光の移り変わりまで知ることができる。これはすごいなぁ。とにかくいろいろな意味で満足度の高い展覧会。マティス好きはもちろん、あまり知識がない人にもおすすめしたい。27日までで巡回展もないのでこの機会を逃さずに。

◆DATA  国立新美術館「マティス 自由なフォルム」  5月27日まで。21日休館 10:00~18:00 金曜・土曜は20:00まで

 

◯展覧会サイトはこちら!


◯東京都美術館「マティス展」、僕の感想はこちらです

 

 

 

 

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ