また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【絵本/感想】ペク・ヒナ・作 長谷川義史・訳「ゆめのごちそう」ーひと足先に生まれたにいちゃんカエルが弟たちのために大奮闘!アニメのセル画手法を使った表現がなかなかいい!

 

 韓国の絵本作家ペク・ヒナの日本での最新の絵本。この人、「天女銭湯「あめだま」など人形を使ったユニークな絵本作りで日本でも人気がある。同じ絵本作家である長谷川義史がずっと翻訳を担当していて、その関西弁訳がなんだかすごくいい味を出してる。今回の訳者も長谷川さんだ。

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!川上弘美「明日、晴れますように」はあの「七夜物語」の続編!「BRUTUS」アイスクリーム特集も気になるぞ(2024.6/3週)

 

 さて、出た本。川上弘美「明日、晴れますように」(6/7)、出ました。副題に「続七夜物語」とあるように、12年前に出た「七夜物語」の続編です。僕、川上さんの小説は大体読んでるのですが、「七夜物語」はあまり食指が動かず未読。評判は良かったのだけど。アマゾンの紹介文を!

続きを読む

【気になる!】ドラマ「団地のふたり」と「グランメゾン東京」SP、そして映画「グランメゾン・パリ」公開!いやいやいや、楽しみが多いなぁ

 というわけで、気になる、多過ぎる。まずはNHKBSのプレミアアムドラマ「団地のふたり」、主役は小泉今日子×小林聡美!いいなぁ。この2人、好きだなぁ。彼女たちはドラマや映画、お芝居で共演してますが、印象的なのは「すいか」だな。小泉さん久々の連ドラもうれしい。どんな物語か?原作は藤野千夜さんの同名小説なので、原作の紹介文をアマゾンから。

続きを読む

【書評】片岡義男・川西蘭ほか。平中悠一編「シティポップ短篇集」ーシティポップ的な要素を持つ短編のアンソロジー。このラインナップに心惹かれる人はぜひ!

 

 最後に編者である平中悠一のライナーノーツと称した解説が付いている。なんだかやたらと難しい言い回しでちっともシティポップじゃないじゃん、と思ったりもするが、アンソロジーの中に含まれている彼自身の小説がやたらと軽薄で解説と比べて笑ってしまった。

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!今日マチ子の初エッセイ「きみのまち 歩く、旅する、書く、えがく」!ヨシタケシンスケの新作絵本とヨシタケ特集の雑誌も気になる!(2024.6/2週)

 

 さて、出る本。今日マチ子「きみのまち 歩く、旅する、書く、えがく」(6/6)、出ます。今日さん初めてのエッセイ集。コロナがかなり少なくなってまた旅ができる時代へ。旅を通して感じた彼女の様々な思いの記録です。アマゾンの紹介文を。

続きを読む

【ハーフムーンランキング】2024年6月上旬ー世界配信のドラマ 「エンジェルフライト」放送開始!映画「あんのこと」、ヨシタケシンスケと今日マチ子の新刊も気になる

 毎月1日と15日にはオクーのハーフムーンランキングを発表しています。半月ごとの注目の本や映画、ドラマ、イベントなどの紹介です。どうぞよろしく!

続きを読む

【書評】宮島未奈「成瀬は信じた道を行く」ーこれもしかしたら本屋大賞受賞の前作「成瀬は天下を取りにいく」より格段いいんじゃないか?

 

 先月発表された本屋大賞で大賞を受賞した「成瀬は天下を取りにいく」の続編。しかし、うううむ、これは驚いた。前作よりもこっちの方が格段におもしろいじゃないか!これなら2年連続本屋大賞も夢じゃないぞ。

続きを読む