また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【文学賞】2020年本屋大賞は凪良ゆうさん「流浪の月」に決定!翻訳小説部門はソン・ウォンピョンさんの「アーモンド」

【文学賞】2020年本屋大賞は凪良ゆうさん「流浪の月」に決定!翻訳小説部門はソン・ウォンピョンさんの「アーモンド」

【ドラマ】「半沢直樹」「BG〜身辺警護人〜」「アンサング・シンデレラ」など続々と放送開始延期!

というわけで、先日春ドラマのことを書いたのですが、僕がピックアップしたドラマはことごとく放送延期になっちゃいました。TBS系の「MIU404 」「半沢直樹」はその時にも延期のことを書きましたが、さらにテレ朝系「BG〜身辺警護人〜」、日テレ系「ハケンの…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!横尾忠則の新作は猫、「BRUTUS」最新号は犬。窪美澄、原田マハの文庫化も(2020.4/2週)

横尾忠則「タマ、帰っておいで」 出た本。横尾忠則「タマ、帰っておいで」出ました。横尾さんの愛猫への鎮魂歌。まずはアマゾンの内容紹介を。 「この絵はアートではない。猫への愛を描いた」――横尾忠則日本が世界に誇るアーティスト・横尾忠則が描いた「愛…

【絵本】ヨシタケシンスケ「もしものせかい」-心の中の2つの世界の物語、大切な人や物がもしも戻ってこなかったら?

【絵本k】ヨシタケシンスケ「もしものせかい」-心の中の2つの世界の物語、大切な人や物がもしも戻ってこなかったら?

【ドラマ】春ドラマは何を見る???もうドラマしか楽しみがない!でも、「半沢直樹」など放送延期も…

さらにさらに大変になりつつある新型コロナ禍。志村さんショックからなかなか立ち直れそうにないと思っていたら、宮藤官九郎さんまでコロナ感染。早く治って!!とにもかくにも春ドラ、紹介です。 朝ドラ「エール」始まりました。作曲家古関裕而と妻の物語。…

【BOOK NEWS】ロックダウン中のパリにいる原田マハさんがツイッターで小説の発信をスタートしました。18日間連続小説2520文字「喝采」

ロックダウン中のパリにいる。外出禁止が2週間延長された。3月29日、日本の感染者1827名。フランス37575名。18日前、フランスの感染者数は1784名だった。書斎の窓からセーヌが見える。今、私にできることはひとつしかない。ここにいて、小説を書き、発信す…

【絵本】湯本香樹実・文 酒井駒子・絵「くまとやまねこ」-仲良しの小鳥が死んでしまった。くまの悲しみが癒える日はやって来るの?

湯本香樹実・文 酒井駒子・絵「くまとやまねこ」 ある朝、くまは ないていました。なかよしのことりが、しんでしまったのです。 という一文から始まるこの絵本。雑誌「MOE」の「思わず泣いた感動絵本」特集に載っていて、気になり手に取った一冊だ。 ことり…

【BOOK NEWS】村上春樹「猫を捨てる 父親について語るとき」の書影と村上さんのメッセージが発表になりました

村上春樹「猫を捨てる 父親について語るとき」 先日お伝えした村上春樹の新エッセイですが、アマゾンではまだ対応していませんが文藝春秋のサイトに書影が出ました。おぉ!やっぱり新書判ですかね。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!新潮新書「倉本聰の言葉」、雑誌「Number」は1000号!!!(2020.3/4週)

出た本。「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」、新潮新書から出ました。著者は倉本さんと共著で本も出している碓井広義さん。倉本ドラマから400余の名セリフを集めたこの本。ちょっと気になります。アマゾンの紹介文はこちら。 純、蛍。金なんか望むな。倖せだ…

【BOOK NEWS】本日「サワコの朝」に角田光代、「SWITCHインタビュー達人達」にブレイディみかこ!!

あ〜っ、「サワコの朝」は今朝でした。僕が知ったのも放送後で録画もしてません。でも、「TVer」等で見られるのでご安心を。同番組のツイッターでの紹介文はこんな感じ。 ★明日あさ7:30★ゲストは直木賞作家の #角田光代 さん✨ある人物がきっかけで「対岸の彼…

【BOOK NEWS】村上春樹「猫を棄てる 父親について語るとき」、4月23日発売!

まだ表紙も出ていませんが、村上春樹「猫を棄てる 父親について語るとき」、文藝春秋から4月23日に出ます。新書版になってるけど、どういう形で出るのかなぁ。ううむ。 元になっているのは雑誌「文藝春秋」の2019年6月号に特別寄稿という形で掲載されたエッ…

【書評】窪美澄「いるいないみらい」-子どもがいる未来、いない未来、どっち?

窪美澄「いるいないみらい」 5つの物語を収録した短編集。どの話も「子ども」がテーマになっている。主人公たちの未来に「子ども」がいるのかいないのか。語り手は夫だったり妻だったり、独身の女性だったりするのだけど、選択肢として「いる未来」と「いな…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!原田マハの新作、そして、村上龍5年ぶりの長編小説はどうだ?(2020.3/3週)

原田マハ「〈あの絵〉のまえで」 出る本。原田マハ「〈あの絵〉のまえで」(3/18)出ます。アートと人の出会いを描く全6編の短編集。岡山・大原美術館のピカソ「鳥籠」(表紙の絵です)、箱根・ポーラ美術館のセザンヌ「砂糖壺、梨とテーブル」などが取り上…

【書評】せきしろ×又吉直樹「カキフライが無いなら来なかった」-自由律俳句、入門編としてピッタリの一冊!

せきしろ×又吉直樹「カキフライが無いなら来なかった」 ツイッターのフォロワーの人が時々自分の自由律俳句をツイートしていて、おもしろいな、と思っていた。自由律というのはその名の通り五七五にこだわらず季語などもない俳句のことだ。ちょっと興味があ…

【文学賞】第10回Twitter文学賞、国内部門と海外部門それぞれの順位が発表されました!

佐藤亜紀「黄金列車」 ルシア・ベルリン「掃除婦のための手引き書」 詳しくは発表ページを見てもらいたいと思いますが、国内部門の第1位は佐藤亜紀「黄金列車」、海外部門の1位はルシア・ベルリン「掃除婦のための手引き書」でした。パチパチパチ。どちら…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!自由律俳句の作品集、「Number」「本の雑誌」の最新号も気になる(2020.3/2週)

せきしろ・又吉直樹「蕎麦湯が来ない」 出る本。せきしろ・又吉直樹「蕎麦湯が来ない」(3/12)出ます。五七五のスタイルから自由な自由律俳句の作品集。シリーズ第3弾で、既刊の「カキフライが無いなら来なかった」「まさかジープで来るとは」はすでに文庫…

【文学賞】吉川英治文庫賞に小野不由美「十二国記」シリーズ!これはとってもうれしいぞ!!

[ 小野不由美「白銀の墟 玄の月第1巻 十二国記」 今年の吉川英治文学賞は「受賞作なし」という残念な結果だったのですが、2016年から新設された吉川英治文庫賞に小野不由美さんの「十二国記」シリーズが選ばれました。ずっと読んでいる物語だし、18年ぶりの…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!朝井リョウの小説集、そして「Hanako」の吉祥寺特集(2020.3/1週)

朝井リョウ「発注いただきました!」 出る本。朝井リョウの「発注いただきました!」(3/5)出ます。タイトル、おもしろいですが、これは小説誌ではなく企業のPR誌などに掲載された14の短編と6本のエッセイをまとめたもの。原稿依頼をもらって書いた、って…

【書評】宮部みゆき「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」-圧巻の表題作!神隠しにあった6人の老若男女の運命は?

宮部みゆき「黒武御神火御殿」 「三島屋変調百物語」シリーズの6巻目。三島屋の「黒白の間」で不思議な物語を聞く、その聞き手が今回、主人の姪で心に傷を持つおちかから三島屋次男の富次郎へと代わった。この交代は作者としてはかなり勇気がいるところ。富…

【映像化】矢部太郎「大家さんと僕」がNHK総合でアニメ化!3月2日から5夜連続放送。これは見なくちゃ!

矢部太郎「大家さんと僕」 おっとビックリ!大ヒットした矢部太郎さんの漫画「大家さんと僕」がアニメになります。NHK総合で3月2日の夜11時45分から50分までの5分間。6日まで5夜連続の放送です。ううむ、これは楽しみ!忘れないようにしないと。 で、こ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!村田沙耶香の新作短編集、角田光代の「源氏物語 下」&エッセイ(2020.2/5週)

村田沙耶香「丸の内魔法少女ミラクリーナ」 出る本。村田沙耶香「丸の内魔法少女ミラクリーナ」(2/29)出ます。な、なんだこのタイトルは?4篇収録の短編集のようですが、まずはアマゾンの内容紹介を。 単調でストレスフルな日々をキュートな妄想で脚色し…

【絵本】 junaida「Michi 」-男の子と女の子、それぞれがたどる不思議ワールドへの旅

junaida「Michi 」 前回、「の」を紹介したjunaidaさん。かなり気になったので、さらに「Michi」という絵本を読んでみることにした。「の」とは違って大判でしっかりした造りのちょっと重めの絵本だ。 両表紙だ。「Michi 」というタイトルがついた左開きの方…

【ドラマ】春ドラマ、この2本は見逃せない!「アンサング・シンデレラ」と「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」

恒例の「春ドラマ、何を観る」は3月末かな、またやりますが、見逃せない2つのドラマが発表になったので紹介しちゃいます。 1つはフジテレビ系木曜22時からの「アンサング・シンデレラ」。サブタイトルに「病院薬剤師の処方箋」とある通り、薬剤師が主人公…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!窪美澄の新作長編、「&Premium」の京都特集も気になる!(2020.2/4週)

窪美澄「たおやかに輪をえがいて」 出る本。窪美澄「たおやかに輪をえがいて」(2/18)出ます。長編としては直木賞候補にもなった「トリニティ」に続く物語。窪さんは短編もいいけれど、やっぱり長編を読みたいなぁ。アマゾンから内容紹介を 性風俗に通う夫…

【書評】絲山秋子「小松とうさちゃん」-どんな人生にも陰影があり、悲愁がある。いいなぁこれ!

絲山秋子「小松とうさちゃん」 絲山さんの小説は好きでたいがいは単行本で読むのだけど、ちょっとタイトルで躊躇してしまって文庫になってから読んだ。しかし、これは大失敗。「小松とうさちゃん」は、かなりおもしろい物語だった。 さえないおっさん2人の…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!片岡義男のカレー本はKindle版、「小川洋子と読む 内田百間アンソロジー」に注目!(2020.2/3週)

片岡義男「カレーライス漂流記」Kindle版 出た本。というかこれ電子版しかないみたいなんだけど片岡義男「カレーライス漂流記」Kindle版。片岡義男がコーヒーのことをいろいろ書いた「珈琲が呼ぶ」はめちゃくちゃおもしろかったのだけど、カレーの話も絶対に…

【書評】小野不由美「白銀の墟 玄の月」-王・驍宗は見つかるのか?十二国記、圧巻の全4巻!

小野不由美「白銀の墟 玄の月」第1巻 さてさてさて、小野不由美の「十二国記」の新作、18年ぶりの書きろし、ってすごくない?文庫だけれど全4巻の大長編だ。タイトルは読めない人も多いと思うが「白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)」。ようや…

【文学賞】第10回Twitter文学賞、投票始まっています!締め切りは2月9日。今回で最後の開催、ぜひ投票を!

さて、第10回Twitter文学賞、始まりました。運営を引き継ぐ人がいれば、という話もあったみたいですが、今年で最後のようです。いろいろ大変そうだもんね。僕ずっと、盛り上がってない、とかブツブツ言ってたような気もしますが、豊崎由美さんをはじめとする…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!ヨシタケシンスケの新刊絵本、「Casa BRUTUS」はバンクシーの特集!(2020.2/2週)

さて、出た本。ヨシタケシンスケ「もしものせかい」、出ました。もしも、とは?アマゾンの紹介文を引用。 「やあおはよう。とつぜんでもうしわけないんだけど ボク もしものせかいにいくことになりました----」 いつもいっしょのあの子がどこかへ行ってしま…

【絵本】junaida「の」-これは言葉と絵でつながっていく永遠のような物語

junaida「の」 この表紙、赤いコートを着てちょっと口を開いた女の子。その口元に、フっと飛び出したような小さな「の」の字。これが絵本のタイトルだ。「の」?なに?なに?なに?答えは見開きを3つ4つ見ていけばすぐに分かる。この絵本は「の」でつなが…