また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【文学賞】第33回三島由紀夫賞、山本周五郎賞。三島賞は宇佐美りんさん「かか」、山本賞は早見和真さん「ザ・ロイヤルファミリー」に決定!

かか posted with ヨメレバ 宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月15日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す ザ・ロイヤルファミリー posted with ヨメレバ 早見 和真 新潮社 2019年10月30日頃 売り上げランキング : 楽天ブ…

【エッセイ/書評】ヨシタケシンスケ「欲が出ました」-「おもわず考えちゃう」に続くエッセイ第二弾!エッセイもやっぱりヨシタケさん!

欲が出ました posted with ヨメレバ ヨシタケ シンスケ 新潮社 2020年07月17日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 絵本じゃないヨシタケさん、「思わず考えちゃう」に続く第2弾のエッセイ集だ。前作が思いの外好評で、…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!池井戸潤、半沢直樹シリーズ最新作出ます。窪美澄と金原ひとみの新作にも注目!(2020.9/3週)

半沢直樹 アルルカンと道化師 posted with ヨメレバ 池井戸 潤 講談社 2020年09月17日 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す さて、ドラマも絶好調の半沢直樹ですが、池井戸潤による6年ぶりのシリーズ最新刊が出ます。「半沢…

【賞いろいろ】第7回料理レシピ本大賞、料理部門大賞は「リュウジ式 悪魔のレシピ」、お菓子部門は「魔法のてぬきおやつ」に決定!!

リュウジ式 悪魔のレシピ posted with ヨメレバ リュウジ ライツ社 2019年11月22日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す ふむ、リュウジさん、ツイッターのフォロワーが100万人もいるのか?レシピ本大賞では5回、6回と連…

【書評】宮部みゆき「きたきた捕物帖」-これ1冊がプロローグ!宮部みゆきの「捕物帖」がついに始まった!!

きたきた捕物帖 posted with ヨメレバ 宮部 みゆき PHP研究所 2020年06月01日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 帯に「私がずっと書きたかった捕物帖です」と作者の言葉がある。もちろん宮部みゆきは捕り物もの?もいろ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!五味太郎と町田尚子の絵本、宇佐美まことの文庫書き下ろし、田島列島のあの漫画の新刊も出るぞ!(2020.9/2週)

特別版 らくがき絵本 えんぴつ付セット 五味太郎 ブロンズ新社 2020年09月07日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ さて、出る本。ちょっと前にも書いた、「らくがき絵本 五味太郎50%」の刊行30周年を記念し…

【文学賞】第30回Bunkamuraドゥマゴ文学賞は石川宗生さん「ホテル・アルカディア」に。「よくもこんないいかげんな話を…」(評)

ホテル・アルカディア 石川 宗生 集英社 2020年03月26日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ 毎回違う選考委員が1冊の本を選ぶ「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」。今年で30回です。ビックリ!今回の選考委員は哲…

【書評】村上春樹「一人称単数」-8つの短編が奏でるのは人と記憶の不確かな物語

一人称単数 村上 春樹 文藝春秋 2020年07月18日 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ 小説家・村上春樹にとって人称の問題は大きい。そういう「縛り」があることが大切だと川上未映子によるインタビューの中でも…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!酒井駒子の絵本。そして、瀬尾まいこ本屋大賞受賞作文庫化!(2020.8/6-9/1週)

梨の子ペリーナ イタロ・カルヴィーノ/関口英子 BL出版 2020年08月31日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ さて、出る本。酒井駒子さんが絵を描いている世界のむかしばなし絵本シリーズ・イタリア編「梨の子…

【BOOK NEWS】五味太郎「らくがき絵本」30周年スペシャル企画、30人の絵本作家によるらくがきコラボがすごく楽しい!

特別版 らくがき絵本 えんぴつ付セット 五味太郎 ブロンズ新社 2020年09月07日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ 五味さんの「らくがき絵本」は今でも書店でよく見かけるロングセラーです。その人気絵本が…

【絵本/感想】ヨシタケシンスケ「ねぐせのしくみ 」-そうか、そうだったのか!見事なねぐせができるまでのヒミツのお話

ねぐせのしくみ ヨシタケシンスケ ブロンズ新社 2020年07月16日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ なははは!これは愉快!サイコー!タイトルの通り、ねぐせはどうやってできるの?って話ではあるけど、い…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!ヨシタケシンスケとショーン・タン、注目の2人の新作出た!(2020.8/5週)

あつかったら ぬげばいい ヨシタケ シンスケ 白泉社 2020年08月25日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ さて、出る本。絵本です。ヨシタケシンスケ「あつかったら ぬげばいい」(8/25)出ます。ヨシタケさん…

【エッセイ/書評】燃え殻「すべて忘れてしまうから」-鮮烈な小説デビューを飾った燃え殻のエッセイ集!これもどこかであの小説につながっている

すべて忘れてしまうから 燃え殻 扶桑社 2020年07月27日頃 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ 燃え殻の初めての小説「ボクたちはみんな大人になれなかった」を読んだ後、その書評の最初に「ううむ、不思議だな…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!別冊太陽「昆虫のとんでもない世界」出てたっ!(2020.8/4週)

昆虫のとんでもない世界(282) 丸山 宗利 平凡社 2020年08月03日 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ さて、今週も紹介は1冊だけ。出た本、別冊太陽「昆虫のとんでもない世界」出てました。これは読むなぁ。…

【ドラマ】木皿泉書き下ろしNHKショートドラマ!「これっきりサマー」、来週放送!!主演は岡田健史×南沙良

わっ!本当のショートドラマ、2分に3分かぁ。録画して見てる「きょうの猫村さん」はドラマ部分は2分半で本当にあっと言う間に終わっちゃう。木皿泉脚本ドラマはいつも楽しみにしてるけど、この短さはどうかなぁ。しかもこれ、NHKの大阪放送局制作なので、…

【書評】上橋菜穂子「鹿の王 水底の橋」-医療とは?命とは?生とは何か?を問う「鹿の王」のその先の物語!

鹿の王 水底の橋 上橋 菜穂子 KADOKAWA 2020年06月12日 売り上げランキング : 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す by ヨメレバ 本屋大賞と医療小説大賞を受賞した「鹿の王」のその先の物語。こちらもまたまたおもしろい。文庫になってから読んだ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!「Casa BRUTUS」最新号は児童書と絵本の特集(2020.8/3週)

さて、今週は特に紹介する本はないかな、と思っていたのですが、7日に発売になった「Casa BRUTUS」9月号は特集が「大人も読みたい こどもの本100」。児童書と絵本の特集ですね。これは読まなくちゃ!「エルマーのぼうけん」を使った表紙もいいなぁ。ちょっ…

【本の雑誌】2020上半期エンターテイメントベスト10発表!第1位は阿部暁子「パラ・スター」、ラノベ出身作家躍進!?

なかなかユニークなセレクトが楽しい「本の雑誌」のベスト10。特に上半期ベストはかなり思い切ったラインナップになるのでいつも楽しみにしています。営業妨害にならないように時間が経ってから掲載しているのですが、そろそろいいかな?ベスト10こんな感じ…

【ドラマ】「レンタルなんもしない人」9月9日から放送再開!さらに厳選4話、8月12日から再放送(新撮ミニストーリー付)おおっ!

おぉぉ!8話まで放送されその後の放送が延期になっていた「レンタルなんもしない人」、9月9日深夜から放送再開です。すごく好きなドラマなのでこれはうれしいぞ。 さらに、8月12日深夜から4週にわたって厳選4話を再放送。そこには新しく撮影されたミニ…

【書評】宇佐美まこと「ボニン浄土」-物語は江戸時代、ある島に流れ着いた一艘の船から始まる。そして、話は現代へ!

前作「展望塔のラプンツェル」がよかったので手に取った。タイトルから謎…。天保11年(1840年)、九十九里浜沖で暴風雨にあった気仙沼の五百石船の漂流譚から物語は始まる。船は流され続け、ある島にたどり着く。そこがボニン・アイランド!途中からこの船に…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!雑誌「MOE」最新号はヨシタケシンスケ特集!吉田修一と小川洋子の文庫化も気になる!(2020.8/2週)

NHKの「あさイチ」にヨシタケシンスケさん、出たのですね。見逃したぁ。このブログでもショーン・タンの「エリック」の感想ページにアクセスがたくさんあって、何だろう?と思ってたら、番組でヨシタケさんがおすすめとして紹介してたのでした。「エリック」…

【ドラマ】さて、夏ドラマはいったいどうなってるのか?のか?のか?よく分からん!

本来はこれ、6月の終わりに書いてるのですが、春が夏になだれ込み、夏がなんだかヨレヨレの感があるドラマ世界。ま、とりあえず、記録になるので書いておきます。あ、その前に「レンタルなんもしない人」8話で中断になってるのですが、続きはちゃんとやっ…

【エッセイ/感想】村上春樹「村上T-僕の愛したTシャツたち」-写真とコラム&トークで語る好きなTシャツ、気になるTシャツ、着ないTシャツ!

雑誌「POPEYE」で連載されていたエッセイをまとめたもの。まずはこういう四角っぽい判型が好きだし、カラーでたくさんのTシャツ写真が入っているのがうれしい。 村上さんが自分のTシャツコレクションを紹介しているのだが、特にレアなものを集めているわけで…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!芥川賞受賞作「首里の馬」、角田光代の読書案内「物語の海を泳いで」、柴崎友香「百年と一日」も気になる!(2020.7/5週)

出る本、芥川賞を受賞した高山羽根子「首里の馬」(7/27)出ます。出ます、と書きましたが連休前に大きな書店ではもう並んでいたようです。この小説に関しては受賞の時に触れましたが、主人公の仕事が「オンライン通話でクイズを出題するオペレーター」とい…

【書評】池澤夏樹「花を運ぶ妹」-バリ島での兄の危機にパリで生きてきた妹が急ぎ駆けつけた、そこで彼女が出会ったものは?

池澤夏樹といえば最近は労作である個人編集の「世界文学全集」「日本文学全集」がすぐに思い浮かぶが、小説家としての彼も忘れてはならない。8月1日から朝日新聞の連載小説「また会う日まで」もスタートする。このブログでは紹介する機会がなかったけれど…

【ノンフィクション/賞】第3回Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション大賞ノミネート6冊が決定!ううむ、これは激戦の予感!

なんだかすごいセレクトですね。去年はブレイディみかこさんの「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」が受賞。今年連覇なるか、というのも興味がありますが、このノミネートだと分からないなぁ。 といっても、読んだのはブレイディみかこさんの本だ…

【書評】コロナ・ブックス「フジモトマサルの仕事」-マンガからイラスト、なぞなぞ、エッセイまで彼の仕事を一冊に!

平凡社のコロナ・ブックスの一冊。2015年に46歳で亡くなられたフジモトマサルさんの仕事をまとめたもの。大仰ではなくシンプルにまとめられていてなんだかとてもいい。手元に置いて時々ながめてフジモトさんのことを思い出したい。そんな一冊だ。 僕がフジモ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!あの燃え殻の新作「すべて忘れてしまうから」!「本の雑誌」と「クロワッサン」の最新号も気になるぞ(2020.7/4週)

出る本、前作の「ボクたちはみんな大人になれなかった」がすごくすごくよかった燃え殻の新作「すべて忘れてしまうから」(7/23)出ます。「ボクたちは〜」は2017年のマイベストの2位でした。なんだか不思議な小説。世紀末の東京の風景や気分や人々の思いが…

【ノンフィクション/書評】森まゆみ「明治東京畸人傳」-有名人から無名の人まで。その昔、谷中辺りには多くの畸人たちがいた!

森まゆみといえばまず編集人であった地域誌『谷中・根津・千駄木』(通称「谷根千」)が思い浮かぶが、東京とそこで暮らす人々を描いたノンフィクションの傑作も多い。この「明治東京畸人傳」もすこぶるおもしろかった。 明治から大正、昭和の初期にかけての谷…

【エッセイ/書評】ブレイディみかこ「ワイルドサイドをほっつき歩け」-EU離脱、緊縮財政なんかに負けない!英国のおっさんは愛おしいぞ!

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」が大ヒットしたブレイディみかこさんの新エッセイ。英国の子供たち、というか息子とその友だち界隈の話はすこぶるおもしろかったけれど、英国のおっさんたちの話もやたらとおもしろい。 彼らは50代60代の労働…