また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【賞いろいろ】第11回の新井賞は小川糸「ライオンのおやつ」に決定です

芥川賞・直木賞と同日に発表されているのでちょっと書くのが遅くなりましたが、噂の新井賞、今回は小川糸さんの「ライオンのおやつ」に決定しました。新井賞、だいぶ浸透してきましたがHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(以前は三省堂神保町本店勤務でした)の書店…

【文学賞】2020年本屋大賞ノミネート作品10冊はこれ!大賞発表は4月7日です

昨年の第16回は瀬尾まいこさんの「そして、バトンは渡された」が受賞しましたが、さて今年は?ノミネート全10作が発表されたので紹介します。おぉ、既読本もあったぞ。 砥上裕將「線は、僕を描く」 早見和真「店長がバカすぎて」 川上未映子「夏物語」 川越…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!絲山秋子の新刊、文學界2月号は吉田修一特集!(2020.1/4週)

絲山秋子「御社のチャラ男」 このコーナー?だいぶお休みしましたが、僕的には年末年始はあまり気になる本がなかった、ということです。まぁ、まだまだ盛り上がってない感じですが。 さて、まずは出る本。絲山秋子「御社のチャラ男」出ます。絲山さんのこの…

【ドラマ】明日から始まるNHK「心の傷を癒すということ」は阪神・淡路大震災後に被災者の心のケアに奔走した若き精神科医の物語です

阪神・淡路大震災から今日で25年が経ちました。あの日とそれから後の日々、四半世紀経っても思い出したくない、という人も少なくないのではないでしょうか。 さて、先日冬ドラマの話をしましたが、明日から始まる「心の傷を癒すということ」は、あの大地震発…

【文学賞】第162回芥川賞・直木賞(令和元年下半期)、決定しました!講評リンク付き

決定しました!芥川賞は古川真人さん「背高泡立草」。パチパチパチ!古川さんは前回に続いて4回目の候補での受賞です。発売はまだですが、すでに書影も上がっていて1月24日発売です。この表紙好きだな。直木賞は川越宗一さんの「熱源」。初めてのノミネー…

【絵本】ひろたあきら「むれ」-よしもとの芸人はどんな絵本を作ったのか?「MOE絵本屋さん大賞」新人賞受賞!

ひろたあきら「むれ」 昨年の「MOE絵本屋さん大賞」で新人賞を受賞した絵本。作家のひろたあきらがよしもと所属の芸人さんってことでちょっと気になって読んでみた。 よのなかには さまざまな むれがあります。 で始まるこの絵本。最初の見開きは ひつじの …

【ドラマ】どうだったんだっ!?極私的テレビドラマ大賞2019

連休でもあるし、お遊び的な話題を。とはいえドラマは、いろいろと迷います。ただ1位はスンナリと決まりました。これしかない! 1グランメゾン東京 全体的な熱量が他のドラマとは違う。料理にしても演技にしても演出にしても。すごく美味しそうな料理を本…

【本の雑誌】2019年度「本の雑誌」年間ベスト10、発表!さてさて去年のベスト1は??

さて、年も明けたし、「本の雑誌」のベストは検索で訪ねてくる人も多いので発表しますね。「本の雑誌が選ぶ2019年度ベスト10」、さてさて第1位は?(それぞれアマゾンにリンクしています) 1 宇佐美まこと「展望台のラプンツェル」 2 K・W・ジョンソン「…

【書評】朝井リョウ「どうしても生きてる」-ここで描かれているのは今の時代のどうしようもない生きづらさだ

朝井リョウ「どうしても生きてる」 6つの物語からなる短編集。コンセプトがハッキリしていてかなり中身が濃い。どれも今を生きている人々の心にストレートに届く物語だ。朝井リョウはデビュー作からずっと読んでいるが前作「死にがいを求めて生きている」前…

【ドラマ】さて2020冬ドラマは何を見る?期待薄の感じだったのだけど、あれあれあれっ?

昨年末の秋ドラはなかなか充実していたのですが、冬ドラ、どうなんでしょう?う〜ん、個人的にはぴんと来るドラマが少ないなぁ。あくまで個人的な意見なので、いやいやそんなことない!と思う人もいるかもしれませんが。 さてさてさて行きますよ。のっけから…

【ラジオCM】第13回文化放送ラジオCMコンテスト、ノミネートされました

大晦日の放送、聞きましたか?っていうか、大晦日はやっぱりいろいろ慌ただしく、僕もちょっと買い物に出たりして一部ライブ、一部は録音したもので聞きました。当日、「現場」にもいたのですけどね。 で、僕の結果は、東京ガスコミニュケーションズの課題で…

今年もよろしくお願いします!さてさて、2019→2020、年越し本は?

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。 さて、2019から2020への年越し本は小野不由美十二国記シリーズ「白銀の墟 玄の月」第3巻でした。今、半分ぐらいかな?まだ、最後の4巻があるのでそれを読み終えたら、次は宮部みゆき…

決定!2019マイベストブック!!!!

2019マイベストブック、決定しました。なんとか年内に発表できてよかったぁ。でもこういうのって決める時の気分でかなり変わるような気がします。あと、読んだ直後の感想と時間が経ってからの評価が違う物語も多いです。ま、そのあたりがこういうランキング…

【広告コンペ】今年の文化放送ラジオCMコンテスト、放送は31日朝11時からの放送です。ぜひぜひ聴いてね!

さてさて今年もやってきましたよ。文化放送のラジオCMコンテスト。ラジオCMコンペの最高峰です。去年はクリスマスイブの放送でしたが、今年はなんと大晦日!あわただしい31日の放送がいいのか、って感じもしないではないですが、とにもかくにも11時から13時…

【ドラマ】2019-2020年末年始はスペシャルドラマが大変だっっっ!

ううむ、これほどスペシャルドラマが充実した年末年始があったでしょうか?嬉しいけど、ずっと観ている海外ドラマの録画がいろいろ溜まっているのでこれを休み中になんとかしたかったのだけど。これだけ観たいのがあるとちょっと無理かなぁ。 で、まずは年末…

【絵本】ヨシタケシンスケ 「わたしのわごむはわたさない」-輪ゴム一つで思いが広がる想像力絵本の傑作

ヨシタケシンスケ 「わたしのわごむはわたさない」 家の中に輪ゴムが落ちてるのを見つけた女の子。喜び勇んでお母さんにおねだりする。「ねぇ このわごむ、わたしに ちょうだい!」、お母さんは「ああ。ドーゾ。」とそっけないが、女の子は大喜び!なぜなら…

【映像化】「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」、始まりました!「この世界の片隅に」とは別物(らしい)!!

さてさて、先週金曜日から「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」公開が始まりました。友人の中にはもう観に行った人もいるようですが、僕は難聴で日本語字幕版じゃないと難しいのですが、字幕版は来年になってからしか始まらないらしい。まぁ、しょうが…

【絵本】第12回MOE絵本屋さん大賞は竹下文子×町田尚子「なまえのないねこ」、絵本大賞で3冠獲得です!!

第1位竹下文子・町田尚子「なまえのないねこ」 第12回の「MOE絵本屋さん大賞 」、去年までヨシタケシンスケさんが4連覇していたのですが、今年は竹下文子さんが文章を書き、町田尚子さんが絵を描いた「なまえのないねこ 」が大賞に輝きました。パチパチパチ…

【書評】原田マハ「美しき愚かものたちのタブロー 」-国立西洋美術館が誇る松方コレクションの数奇な運命を辿る物語

これは上野にある国立西洋美術館のコレクションの基礎となっている松方コレクションとそれを集めた「こよなく絵画(タブロー)を愛した稀代のコレクター」松方幸次郎の物語だ。話の舞台になるのは2つの時代。1つは日本を代表する美術史家・田代雄一が第二…

【文学賞】第162回芥川賞・直木賞(令和元年下半期)候補作、発表!ううむ、あんまりよく分からない

今年下半期の芥川賞、直木賞候補作が発表になりました。芥川賞、ううむ、名前は聞いたことあるけれどちょっと分からない人ばかり。高尾さん、古川さんは芥川賞候補になっていますね。 【芥川賞候補】 ◯木村友祐「幼な子の聖戦」(すばる11月号)1/24発売 ◯髙…

【コミック】大島弓子「キャットニップ3」-猫コミックならやっぱりコレ。猫まみれの日々がうらやましい!

大島弓子「キャットニップ3」 大島弓子の猫エッセイコミック「キャットニップ」の新刊が出た。前シリーズの「グーグーだって猫である」は、2000年から2011年まで続いてその間に全6巻出たのだけど、主人公猫グーグーの死で終わってしまった。続編としてこの…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!またまたヨシタケシンスケの新刊、イタリアの小説、文學界1月号も!(2019.12/2週)

ドメニコ・スタルノーネ「靴ひも」 さて、出た本。新潮社のクレスト・ブックスからドメニコ・スタルノーネ「靴ひも」出ました。これはですねぇ、このブログでも紹介しているジュンパ・ラヒリが惚れ込んで英訳し、アメリカで「ニューヨーク・タイムズ」の「20…

【BOOK NEWS】明日夜10時からのNHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達」は「ヨシタケシンスケ×梅佳代」!

ううううむ、これはこれは!どっちもファンなんでとてもうれしいぞ。絵本作家のヨシタケシンスケさんと写真家の梅佳代さんが語り合う1時間。どちらも既成のジャンルに新風を吹き込んだ改革者同士。どんな話が聞けるのかとても楽しみです。番組ホームページ…

【文学賞】第36回織田作之助賞は窪美澄さんの「トリニティ」に!おぉ、よかった、よかった

窪美澄「トリニティ」 今年の織田作之助賞に窪美澄さんの「トリニティ」が決定しました。おぉ、これは嬉しいぞ!今年上半期の直木賞候補でしたが、残念ながら受賞を逃し、かなり気に入っていた僕はガッカリだったのですが、ここで受賞できてよかった、よかっ…

【書評】村田沙耶香「生命式」-クレイジー沙耶香、またまた全開!?12の作品を収録した最新短編集!

村田沙耶香「生命式」 いやいやいやいや、これまたクレイジー沙耶香全開の短編集。表題作の「生命式」が最初に入ってるのだけど、これがなんとも強烈で度肝を抜かれる。帯に「文学史上、最も危険な短編集」とあるけれど、まぁそれほどではないがなんだかヤバ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊! ヨシタケシンスケ 、宮部みゆきの新刊、出た雑誌2冊にも注目!(2019.12/1週)

まずは訂正。先週の「出る本、出た本」で紹介した宮部みゆき「ほのぼのお徒歩日記」ですが、書いた時点では分かってなかったのですが「著者初のエッセイ集『平成お徒歩日記』に、書き下ろし一編を加えた新装完全版」だそうです。なぁ〜んだ、楽しみにしてた…

【BOOK NEWS】村田沙耶香「コンビニ人間」、NHK FMでラジオドラマに!!11月30日放送

村田沙耶香「コンビニ人間」 わっ、ビックリした!村田沙耶香の芥川賞受賞作「コンビニ人間」がNHK FMでラジオドラマになります。今週の土曜日11月30日の午後10時から10時50分まで。全1回です。出演は栗山千明、鈴木浩介他。主人公の古倉恵子が栗山さんです…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊! 村田沙耶香、宮部みゆきの新刊、2つの対談集にも注目!(2019.11/5週)

村田沙耶香「半変身」 さて、出る本。村田沙耶香「半変身(かわりみ)」(11/27)出ます。昨日読み終わった短編集「生命式」もなんだかすごかったのですが、これは劇作家の松井周との共同プロジェクトから生まれた物語。松井作・演出の舞台版「半変身」も今…

【映像化】辻村深月のミステリー小説「朝が来る」が河瀬直美監督の手で映画に!2020年初夏公開

辻村深月「朝が来る」 情報は前に出ていたのですが、主要キャストがやっと解禁になったので紹介します。原作の辻村深月「朝が来る」、読みたいと思いながらまだ読んでない。ううむ。「殯の森」「あん」「光」などで国際的な評価も高く、東京五輪の公式映画の…

【写真集】竹田津実「生態写真集 キタリス 」-リスたちの恋、巣作り、エサ集め、子育て等を多数の写真で紹介!

竹田津実「生態写真集 キタリス 」 リスはかわいい。吉祥寺の井の頭自然文化園にもリスがいて触ることもできるのだけど、本当にかわいい。で、この写真集、注目は「生態写真集」と銘打っているところだ。表紙を見るだけで分かるでしょうが、この写真集のリス…