また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■わ行の作家-綿矢りさ

【書評】綿矢りさ「大地のゲーム」-舞台は大地震後のキャンパス…狂喜に似たパワーに希望はあるのか

大地のゲーム posted with ヨメレバ 綿矢りさ 新潮社 2013年07月31日 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 綿矢りさはいったいどこに向かっているのだろう?このブログでも感想を書いた「ひらいて」は、恋愛小説を超えた強く激しい魂の物語だった…

【書評】綿矢りさ「ひらいて」-この過激な疾走はいったいどこに向かうのか?

ひらいて posted with ヨメレバ 綿矢りさ 新潮社 2012年07月 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す これは間違いなくあの「蹴りたい背中」を書いた綿矢りさの小説である。2つは確かにつながっている。一方でこれは本当にあの「蹴りたい背中」の作…

【書評】綿矢りさ「蹴りたい背中」-そうかこれが19歳の芥川賞か。2人の奇妙で微妙な関係がなんだかいい

蹴りたい背中 (河出文庫)綿矢 りさ 河出書房新社 2007-04-05売り上げランキング : 62142おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 19歳で芥川賞を取った、綿矢りさの「蹴りたい背中」。なるほど、こういう話なのかぁ。内容をまったく知らなかったので勝手…