また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■あ行の作家-小川洋子

【BOOK NEWS】1月発売!小川洋子新刊「不時着する流星たち」が気になる、気になる!

不時着する流星たち posted with ヨメレバ 小川 洋子 KADOKAWA 2017年01月28日 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 小川洋子は「猫を抱いて象と泳ぐ」あたりからのファンで以降の小説は大体読んでいます。さて、1月28日発売の新刊「不時着する流…

【書評】小川洋子「琥珀のまたたき」-幽閉された子供たちの儚くピュアな暮らし。しかし、そんな日々もしだいに

琥珀のまたたき posted with ヨメレバ 小川 洋子 講談社 2015年09月10日 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 小川洋子は尋常ではない状況に置かれた人間たちをよく描く。近年では「人質の朗読会」が思い出される。「琥珀のまたたき」もまた、そう…

【書評】小川洋子「いつも彼らはどこかに」-動物たちの物語?いや、これはまぎれもなく人間の物語だ

いつも彼らはどこかに posted with ヨメレバ 小川洋子(小説家) 新潮社 2013年05月 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 事前に読んだ内容紹介で動物たちの物語、と書かれていたので、そのつもりで読み始めたら全然違っていた。というか、この8…

【書評】小川洋子「ことり」-作者らしさに溢れる静謐で美しい物語

ことり posted with ヨメレバ 小川洋子(小説家) 朝日新聞出版 2012年11月 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 小川洋子ワールドは常に静謐で少しヴェールに被われ、なんだか不思議だ。この「ことり」も確かにそうだが、「小鳥の小父さん」と呼…

【書評】小川洋子「最果てアーケード」-色濃い死の気配、深い少女の孤独、曖昧となる生と死の境界線

最果てアーケード posted with ヨメレバ 小川洋子(小説家) 講談社 2012年06月 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 「博士の愛した数式」「猫を抱いて象と泳ぐ」「人質の朗読会」など独自の世界を創り出している作家・小川洋子。最新の「最果て…

【書評】小川洋子「人質の朗読会」-深く心の奥底にまで届く8つの物語

人質の朗読会 posted with ヨメレバ 小川洋子(小説家) 中央公論新社 2011年02月 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 第一夜から第八夜まで、ここに書かれた8つの物語は、タイトルの通り、ゲリラに捕まった人質たちが、地球の裏側にある土地で…

【書評】小川洋子「原稿零枚日記」-すべてが虚なのではない。実の中に虚がある

原稿零枚日記 posted with ヨメレバ 小川洋子 集英社 2010年08月 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 小川洋子の最新刊は、原稿を書くのがなかなか進まない小説家の日記という形で書かれた長編小説だ。その女流小説家は、取材旅行の帰りに苔料理…

【書評】小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」-ティム・バートンがこの物語を知ったら、必ず映画にするだろう

猫を抱いて象と泳ぐ posted with ヨメレバ 小川 洋子 文藝春秋 2009-01-09 Amazon Kindle 楽天ブックス 今年始まったブログなので、遅まきながら去年のベスト本の話を。小川洋子の「猫を抱いて象と泳ぐ」だ。この物語は、外国映画の原作になってもおかしくな…