また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■か行の作家-片岡義男

【エッセイ】片岡義男「珈琲が呼ぶ」-書き下ろし全45篇!これはもう珈琲なんか超えちゃっておもしろい

珈琲が呼ぶ posted with ヨメレバ 片岡義男 光文社 2018年01月16日 Amazonで調べる Kindleで調べる 楽天ブックスで調べる 帯がズルい。「なぜ今まで片岡義男の珈琲エッセイ本がなかったのか?」って書いてある。え〜〜っ、そんなことないよなぁ、何かなかっ…

【書評】片岡義男「コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。」-彼の小説はすべて自伝で、すべて自伝ではない

コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。 posted with ヨメレバ 片岡義男 光文社 2016年02月17日 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 片岡義男の小説を読むのって、何でこんなに気持ちがいいのだろう!選びぬかれたムダのない言葉、しっかりと…

【BOOK NEWS】片岡義男の初期傑作3冊が復刊!

10セントの意識革命片岡義男 ロンサム・カウボーイ片岡義男 町からはじめて、旅へ片岡義男 オリジナルデザインで晶文社から復刊された3冊は評論集の「10セントの意識革命」と連作短編集「ロンサム・カウボーイ」、そして、エッセイ集「町からはじめて、旅へ…

【BOOK NEWS】朝日夕刊に、片岡義男「豆大福と珈琲」。

あぁ、ビックリした。問題山積の朝日新聞ですが、今日の夕刊に載ったこの告知には驚きました。夕刊の新聞小説になぁ〜んと片岡義男が登場!子供をテーマにした短中編を4作という何だか新しいスタイルですが、そのトップが片岡さん。ううむ、まさか新聞小説…

【書評】片岡義男「ミッキーは谷中で六時三十分」-片岡義男、74歳でこんな小説書くなんて不良だっ!

ミッキーは谷中で六時三十分 posted with ヨメレバ 片岡 義男 講談社 2014年05月21日 楽天ブックスで探す Amazonで探す Kindleで探す 片岡義男っていくつかなぁ、と思って調べたら74歳だった。ううむ、不良だ。74にもなってこんな小説が書けるなんて絶対に不…

【書評】「花模様が怖い―謎と銃弾の短篇」-独特なにおいがする片岡ハードボイルド、たまらないなぁ

片岡義男の小説は70年代によく読んでいた。でも、その頃は彼の恋愛小説が何冊も映画化されていた時期で、世間的には片岡義男=軟弱ってイメージがあったんじゃないかと思う。でも、なんだか良かったなぁ彼の小説って。その乾いた感じとか。その頃、ハードボ…