また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】梨木香歩「椿宿の辺りに」-痛みを発端に物語が始まる、痛みの向こう側に不思議な世界がある

 初めての梨木香歩がこの新作でいいのかと思いながら手に取ってしまった。以前から彼女は独特の世界を持っているような感じがしていて、手を出せないままでいたのだ。

 

 発端からおもしろい。右腕に激痛が走った主人公の男、急いでペインクリニックに駆け込むと、三十代ながら五十肩という診断を受けてしまう。さらに、連絡を取った従妹も股関節の痛みに苦しんでいる。痛みの連鎖!?
主人公の男の名前は山幸彦、従妹の名前は海幸比子だという。古事記の山幸彦・海幸彦の伝説とつながっているのか?そしてもう一人、実家の店子である鮫島氏の名前は宙幸彦だ。

 

続きを読む

【絵本】辻村深月/今日マチ子「すきっていわなきゃだめ?」-最後のページ、アッ!と思わず声が出た

 書評家の瀧井朝世さんが編集した「恋の絵本」シリーズの第二弾。桜庭一樹作の第一弾も早く読まなくちゃ!!

 

 最後のページを開いて思わず「アッ!」と声が出た。この絵本は、読む人を試している。いや、辻村さんにはそんな気はまったくないだろう。でも結果的に試されているのだ、自分という人間を。

 

すきな ひとに 「すき」って いうのが はやってる。

 

  という一文からこの絵本は始まる。今日マチ子さんの絵はキャラクターを含めてやさしくスマートなので以前から大好きだ。で、みっちゃんという女の子が主人公に問いかける。好きな人がいるなら「好き」って言わないのか?、と。わかんない、と答えると彼女は

 

じゃあ、それは すきじゃないんだよ

 

ほんとうの すきじゃないんだよ

 

続きを読む

【賞いろいろ】2019年Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞のノミネート6作品発表!

 そうそう、ノンフィクション本のこんな賞もあるんですよね。昨年創設されたこの賞、タイトルから分かる通り「Yahoo!ニュース」と「本屋大賞」がタッグを組んでるのがおもしろい。

 

 今年は6月20日から7月17日まで一次投票が行われ、以下の通りノミネート6作品が決定しました。この後、書店員による投票によって11月に大賞が決まります。

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2019.8/3週)

 

 今週は出た雑誌2冊。まずは「Casa BRUTUS」9月号、特集は「最新!動物園と水族館。」。2017年8月号も同じ特集でした。パンダの表紙!そういえばこのところ、動物園にも水族館にも行ってない。どちらも大好きな僕としてはなんだか情けない。よ〜し、これを読んでどっか行くぞ。

 

◯前のはこれ!

 

 もう1冊はカーサじゃない方の「BRUTUS」8/15号。特集は「ことば、の答え。」、ううむ、これも気になっている。目次、見てみましょう。

続きを読む

【BOOK NEWS】又吉直樹の第3作、10月10日発売決定!タイトルは「人間」

 去年の9月から毎日新聞で連載されていた又吉直樹の長編小説がいよいよ10月10日に発売になります。タイトルは「人間」。漫画家をめざし挫折した青年の物語。又吉直樹の小説は「火花」も「劇場」もとても気に入っているので新作も楽しみです。どんな「人間」が描かれているのでしょうか?なお、上のビジュアルは表紙ではなく告知ポスターのようです。あらすじはこんな感じ。

 

続きを読む