また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【文学賞】第11回山田風太郎賞ノミネート5作が発表になりました。選考会は10月16日!!

 山田風太郎の小説、いろいろとおもしろいですよねぇ。さて、今年の山田風太郎賞、ノミネート作品が発表になりました。以下の5作です。

 ◯今村翔吾「じんかん」

【コミック/感想】ニック・ドルナソ「サブリナ」-グラフィックノベル初のブッカー賞ノミネート!1人の女性の失踪からすべては始まる。スゴイぞ、ニック・ドルナソ!

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!川上弘美、「伊勢物語」をモチーフにした長編「三度目の恋」、糸井重里の新刊も気になる!(2020.9/4週)

 

 さて、出る本、川上弘美「三度目の恋」(9/23)出ます。長編としては2019年に出た「某」に続く小説。「婦人公論」に2年に渡って連載されたものです。アマゾンからそのあらすじを!

すべての女を虜にする魅力的な男、ナーちゃんと結婚したわたし。女性の影が消えない夫との暮らしの一方、わたしは夢のなかで別の女として生きることになる。あるときは江戸吉原の遊女、さらには遙か昔、平安の代の女房として、さまざまな愛を知り……。夢とうつつ、むかしと今のあわいをたゆたい、恋愛の深淵をのぞく傑作長編。

  ここには書いてありませんがこの小説、平安時代に書かれた「伊勢物語」がモチーフになっていて、在原業平らしき人物も登場するようです。「夢とうつつ、むかしと今のあわいをたゆたい」というところが大きなポイントかも。1冊ごとに進化しているように感じる川上弘美ワールド、この新作も楽しみです。

 

 あっ、そうだ!在原業平といえば高樹のぶ子さんが書いた「小説伊勢物語 業平」がヒットしています。日本で初めて業平の生涯を小説化した1冊。平安&業平、これからちょっと目が離せないかも。

続きを読む

【文学賞】第33回三島由紀夫賞、山本周五郎賞。三島賞は宇佐美りんさん「かか」、山本賞は早見和真さん「ザ・ロイヤルファミリー」に決定!

 

 春にノミネート作が発表になりましたが、コロナ禍で受賞作の発表が延びた三島由紀夫賞と山本周五郎賞、昨日やっと決定しました。三島賞は宇佐美りんさんの「かか」が受賞!宇佐美さんが20歳で文藝賞を受賞したデビュー作です。三島賞では最年少受賞!パチパチパチ!アマゾンの内容紹介を。

うーちゃん、19歳。
母(かか)も自分も、もう抱えきれん。

選考委員・町田康、村田沙耶香、震撼。
痛みと切なさを描く20歳の才器、第56回文藝賞受賞作。

19歳の浪人生うーちゃんは、大好きな母親=かかのことで切実に悩んでいる。かかは離婚を機に徐々に心を病み、酒を飲んでは暴れることを繰り返すようになった。鍵をかけたちいさなSNSの空間だけが、うーちゃんの心をなぐさめる。
脆い母、身勝手な父、女性に生まれたこと、血縁で繋がる家族という単位……自分を縛るすべてが恨めしく、縛られる自分が何より歯がゆいうーちゃん。彼女はある無謀な祈りを抱え、熊野へと旅立つ――。
未開の感性が生み出す、勢いと魅力溢れる語り。
痛切な愛と自立を描き切った、20歳のデビュー小説。

人間の気分、気持ちが恐ろしいほど正確に文章化されている。そしてそれが何度も人間存在そのものに迫って胸を衝かれる。
――町田康

この作者は、書くことの呪いにかかっている。それは、信頼できる、「作家」としての呪いだ。
――村田沙耶香

 町田康さん、村田沙耶香さん、褒めてますねぇ。これはちょっと読みたいぞ。宇佐美さん、今は「推し、燃ゆ」も話題になっています。選考委員は、川上未映子、高橋源一郎、多和田葉子、中村文則、松家仁之さんでした。

 

◯「推し、燃ゆ」にも注目!

 

続きを読む

【エッセイ/書評】ヨシタケシンスケ「欲が出ました」-「おもわず考えちゃう」に続くエッセイ第二弾!エッセイもやっぱりヨシタケさん!


 絵本じゃないヨシタケさん、「思わず考えちゃう」に続く第2弾のエッセイ集だ。前作が思いの外好評で、出版社の皆さんに欲が出ちゃって第2弾発売となったらしい。それがそのままタイトルになっているだけで、構成的には前作とそれほど変わらない。ヨシタケさんがノートに描きとめていたイラストとちょっとした気づきのメモについて「これはこういうことなんです」と編集者に説明したものをまとめたものだ。「欲」の話も最初の方にちょっとは出てくるけど、話題は多岐に渡っている。

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!池井戸潤、半沢直樹シリーズ最新作出ます。窪美澄と金原ひとみの新作にも注目!(2020.9/3週)

 

 さて、ドラマも絶好調の半沢直樹ですが、池井戸潤による6年ぶりのシリーズ最新刊が出ます。「半沢直樹 アルルカンと道化師」(9/17)、時系列的にはシリーズ1作目「オレたちバブル入行組」の前の話。半沢直樹が東京中央銀行大阪西支店に就任してすぐに起こった物語のようです。では、アマゾンからそのあらすじを!

東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとにとある案件が持ち込まれる。大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。有名な絵に隠された「謎」を解いたとき、半沢がたどりついた驚愕の真実とは――。

半沢直樹が絵画に秘められた謎を解く――。江戸川乱歩賞作家・池井戸潤の真骨頂ミステリー!
「やられたら、倍返しだ」。
明かされる真実に胸が熱くなる、シリーズの原点。
大ヒットドラマ「半沢直樹」シリーズ待望の最新刊、ついに登場!

 ふむふむふむ、絵画がテーマになるのは個人的にはうれしいなぁ。で、アルルカンと道化師、って同じような感じもするけれど…。このタイトルが意味するところは?これもそのうちドラマになるのかなぁ。

 

続きを読む

【賞いろいろ】第7回料理レシピ本大賞、料理部門大賞は「リュウジ式 悪魔のレシピ」、お菓子部門は「魔法のてぬきおやつ」に決定!!

 

 ふむ、リュウジさん、ツイッターのフォロワーが100万人もいるのか?レシピ本大賞では5回、6回と連続入賞していましたがついに大賞受賞です。「リュウジ式 悪魔のレシピ」、パチパチパチ!すでに知ってる方も多いでしょうがアマゾンの内容紹介の一部を引用してみます。

悪魔のレシピ」ってどんなレシピ?

悪魔的においしいのにとんでもなく実用的!
を目指しました。

1.ひと口で「人間をダメにするくらい」おいしいのに
→つまり、存在が悪魔
2「.最短で、最高の味」が作れることを考え抜きました
→工程をどれだけ省けるか、特別な調味料を使わずにおいしく作れるか。
3.しかも、掲載レシピの半数は「低糖質」なんです!
→つまり、「天使のレシピ」が116品中58品。悪魔のレシピはデブメシだけじゃない。

たとえば

・エビの下処理いらずであの甘辛味が食べられる! 「エビシューマイ・チリ」
・「大葉の浅漬け」大葉を白だしに漬けるだけで最強のごはんの友が完成!
・食材ぜんぶレンジでチンするだけで最高級レストランの味に「半熟カマンベールカルボナーラ」
・「キャベツのステーキ」焼くだけでキャベツがごちそうになる!
・この見た目とボリュームで太らないおかず!? 「マーボーバーグ」
・「ブロッコリー&エリンギの唐揚げ」野菜は唐揚げにするがおいしくて食べ応えあります!

全116品です。

 ううむ、なるほど。これは売れるわ。今年は準大賞が復活して藤井惠さんの「藤井弁当」が受賞!これは、聞いたことがあるぞ。お弁当作りには欠かせない1冊かも。

 

 

続きを読む

【書評】宮部みゆき「きたきた捕物帖」-これ1冊がプロローグ!宮部みゆきの「捕物帖」がついに始まった!!

 

 帯に「私がずっと書きたかった捕物帖です」と作者の言葉がある。もちろん宮部みゆきは捕り物もの?もいろいろと書いているが、「捕物帖」と名乗ったのはこれが初めて。「半七捕物帳」を書いた岡本綺堂をリスペクトしているので、このタイトルにはかなりの思い入れがあるような気がする。「新シリーズ始動」とも書いてあるけれど、最初のこの1巻は丸々1冊プロローグという感じがする。最後まで読んで「さぁ、始まり始まり!」という気分になるのだ。

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!五味太郎と町田尚子の絵本、宇佐美まことの文庫書き下ろし、田島列島のあの漫画の新刊も出るぞ!(2020.9/2週)

特別版 らくがき絵本 えんぴつ付セット

五味太郎 ブロンズ新社 2020年09月07日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

 さて、出る本。ちょっと前にも書いた、「らくがき絵本 五味太郎50%」の刊行30周年を記念した「特別版 らくがき絵本 えんぴつ付セット」(9/7)、本日発売です。えんぴつは筆圧の弱い子供にもぴったりの芯が濃くて柔らかいものと7色のマルチカラーのものがセットに。これはちょっとうれしいなぁ。下のリンクで紹介した有名絵本作家によるらくがきコラボも楽しいのでぜひぜひ見てみてください。

 

 個人的に注目している宇佐美まこと「夜の声を聴く」(9/7) 出ます。朝日文庫ですが書き下ろしです!紹介文に「青春小説から一転して、驚愕のストーリーに姿を変える、書き下ろしミステリー」とあります。宇佐美まことの小説は油断できないからなぁ。読むぞっ!

夜の声を聴く

宇佐美まこと 朝日新聞出版 2020年09月07日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ
 
◯宇佐美さんの他の本の書評はこちら

【文学賞】第30回Bunkamuraドゥマゴ文学賞は石川宗生さん「ホテル・アルカディア」に。「よくもこんないいかげんな話を…」(評)

ホテル・アルカディア

石川 宗生 集英社 2020年03月26日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

  毎回違う選考委員が1冊の本を選ぶ「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」。今年で30回です。ビックリ!今回の選考委員は哲学者の野矢茂樹さん。選ばれたのは石川宗生さんの「jホテル・アルカディア」でした。パチパチパチ!え〜っと、すみません。勉強不足というかなんというか、どちらの方もよく知らない私です。で、この野矢さんの選評がおもしろかったのでその冒頭部分だけBunkamuraのHPから引用してみます。

読み始めてすぐに「あ、他の小説とぜんぜん違う」と感じた。しばらく読んで「こいつは私の手には負えない」と思った。さらに読み進めて「なんなんだこれは?」とつぶやいた。正直に申し上げて、石川宗生さんを私は知らなかった。百ページぐらいまでだろうか、私はやはり「なんだこりゃ」という気持ちで読んでいた。と、次第に私の中で軽い異変が起こってきた。そして三分の二ほど読んだところで「まいりました」と屈服したのである。何に屈服したのか。ひとことで言えば、よくもまあこんないいかげんな話を次から次へと、とあきれたのである。

続きを読む

【書評】村上春樹「一人称単数」-8つの短編が奏でるのは人と記憶の不確かな物語

一人称単数

村上 春樹 文藝春秋 2020年07月18日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

 小説家・村上春樹にとって人称の問題は大きい。そういう「縛り」があることが大切だと川上未映子によるインタビューの中でも語っている。ただそれは長編のこと。短編は「縛りもなにもなく、最初から好き放題に書いていく」そうだ。で、「一人称単数」というタイトルの短編集。

 

 当然、この8編は一人称(6編の「僕」1編の「ぼく」1編の「私」)で語られ、ほとんどが回想的な物語だ。中でも好きなのは「ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles」という1編。この物語がおもしろいのは短編でありながら、高校の廊下ですれ違ったビートルズのLPを大事に抱えていた女の子のイメージに始まり、パーシーフェイスが好きな初めてのガールフレンドとの話、不思議な病を持つ彼女の兄との出会いと18年ぶりの再会、そこで知るガールフレンドのその後、という具合に大きな広がりを持っていることだ。同時にこの短編集のそこここで語られている「人にとっての思い出と記憶」についても深く感じるところがある話なのだ。

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!酒井駒子の絵本。そして、瀬尾まいこ本屋大賞受賞作文庫化!(2020.8/6-9/1週)

梨の子ペリーナ

イタロ・カルヴィーノ/関口英子 BL出版 2020年08月31日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

 さて、出る本。酒井駒子さんが絵を描いている世界のむかしばなし絵本シリーズ・イタリア編「梨の子ペリーナ」(8/31)本日発売です。作者はイタロ・カルヴィーノ。オリジナル絵本も待ち遠しいけれど、とにかく酒井さんの絵が好きなのでどんな形でも新作は楽しみ!さて、「梨の子ペリーナ」ってどんな話??

梨と一緒にかごに入れられ王様の宮殿にやってきたペリーナは、召使として働くことに。心優しいペリーナは誰からも好かれ、王子とも仲良くなりました。ところが、ありもしないうわさを流され、魔女の宝をとってこいと、宮殿を追い出され…。理不尽な目にあいながらも、率直で綺麗な心であり続け、出会う不思議なものたちの苦しみを解放しながら、魔女の宝を探しにいくペリーナ。その勇敢で清らかな姿に胸をうたれます。

 ふむふむ。表紙いいなぁ。読んでみよう!

 
◯酒井駒子さんの絵本の感想や情報はこちらから。

続きを読む

【BOOK NEWS】五味太郎「らくがき絵本」30周年スペシャル企画、30人の絵本作家によるらくがきコラボがすごく楽しい!

特別版 らくがき絵本 えんぴつ付セット

五味太郎 ブロンズ新社 2020年09月07日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

 五味さんの「らくがき絵本」は今でも書店でよく見かけるロングセラーです。その人気絵本がなんと今年で刊行30周年!しかもこれ、あのブロンズ新社が手がけた初めての絵本だそうです。びっくり!!ブロンズ新社の絵本は画期的で挑戦的なものが多いのですが、最初の1冊からそうだったのですね。ううむ。

 

 この「らくがき絵本」、知ってる人も多いと思いますが、正確なタイトルは「らくがき絵本 五味太郎50%」。五味さんの「お題」に答える形で、子供たちが絵本自体に絵をプラスしていく、どんどん絵本にらくがきができるという画期的なものです。18言語に翻訳されているのも納得です。

 

続きを読む

【絵本/感想】ヨシタケシンスケ「ねぐせのしくみ 」-そうか、そうだったのか!見事なねぐせができるまでのヒミツのお話

ねぐせのしくみ

ヨシタケシンスケ ブロンズ新社 2020年07月16日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

 なははは!これは愉快!サイコー!タイトルの通り、ねぐせはどうやってできるの?って話ではあるけど、いやいやいや、ねぐせ、そう簡単にはできないぜ。最初のページ、「おやすみ〜」と声をかけ部屋を出ようとするお母さん。主人公の女の子はすでにスースーと寝息を立てて眠っている。

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!ヨシタケシンスケとショーン・タン、注目の2人の新作出た!(2020.8/5週)

あつかったら ぬげばいい

ヨシタケ シンスケ 白泉社 2020年08月25日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 さて、出る本。絵本です。ヨシタケシンスケ「あつかったら ぬげばいい」(8/25)出ます。ヨシタケさん、立て続けに新作が出てますね。さて、これはどんな内容か?まずはアマゾンの紹介文を!

「ヘトヘトにつかれたら」
「ふとっちゃったら」
「だれもわかってくれなかったら」
「せかいがかわってしまったら」…。

子ども、大人、おじいちゃんのさまざまな疑問に痛快に答える!

大人も子どもも楽しめる、ヨシタケ式心を緩める絵本。
MOE2020年3月号ふろく絵本に加筆の上、大増ページで登場!
大切な人への贈り物や、お守りのように側に置きたい1冊です。 

 ううむ、これはまさにヨシタケワールド!この絵本を見ながら子供たちとやり取りするのも楽しそう。

 ◯ヨシタケシンスケさんの絵本の感想や情報はこちらから。

 

続きを読む