また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2019.6/4週)

 出る本。小川洋子・堀江敏幸「あとは切手を、一枚貼るだけ」(6/19)出ます。これ、情報が少ないのでよく分かりませんが、アマゾンの紹介を読むととても気になる内容。なんてったって、小川洋子×堀江敏幸ですからね。期待度大!

 

きみはなぜ、まぶたを閉じて生きると決めたの――

かつて愛し合い、今は離ればなれに生きる「私」と「ぼく」。
二人を隔てた、取りかえしのつかない出来事とは。
消えた産着、優しいじゃんけん、湖上の会話……
十四通の手紙に編み込まれた哀しい秘密に
どこであなたは気づくでしょうか。
小川洋子と堀江敏幸が仕掛ける、胸を震わす物語。

 

 ヨシタケシンスケ「ころべばいいのに」(6/19)も出ます。「りんごかもしれない」「ぼくのニセモノをつくるには」「このあとどうしちゃおう」に続く、ブロンズ新社の発想絵本シリーズ第4弾!いやぁ、このタイトルいいなぁ。テーマは「イヤな気持ち」のようですよ。もちろん読む!

 

◯プロモーションビデオもできました!

 

続きを読む

【文学賞】第161回芥川賞・直木賞(令和元年上半期)候補作、発表!直木賞は候補者全員が女性!さて選ばれるのは?

 発表されましたね、今年上半期の芥川賞、直木賞候補作。早速、芥川賞から。おっ、またまた古市さん!!

 

【芥川賞候補】

 

◯今村夏子「むらさきのスカートの女」(小説トリッパー春号)

◯高山羽根子「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」(すばる5月号)

◯古市憲寿「百の夜は跳ねて」(新潮6月号)

◯古川真人「ラッコの家」(文学界1月号)

 
 発売されているのは今村さんの作品のみ。古市さんの小説は6月27日発売予定です。彼と高山さんは連続ノミネート!古市さん、前作は読まなかったけれど、どうなのかな?今村さんと古川さんは3回目のノミネート。李さんは台湾生まれで日本在住、初めての候補です。ううむ、今村、高山のW受賞????
 

【書評】木皿泉「カゲロボ」-監視ロボット、カゲロボ!きみのそばにもいるかもしれない

 木皿泉待望の新作。ドラマもいいけれど小説もいい。「カゲロボ」は、「はだ」「あし」「めぇ」「こえ」「ゆび」「かお」「あせ」「かげ」「きず」、どれも身体に関連しているタイトルがついた9つの物語。それぞれの登場人物は時々繋がったりもしている。冒頭の「はだ」にメインタイトルになっているカゲロボが登場する。それは、ネットで検索をかけても絶対に出てこないヒミツの監視ロボット。常に虐待やいじめがないかを見張っているらしい。他の話にもカゲロボという名前ではないが、同じ役割を持ったロボットたちが登場する。

 

続きを読む

【広告関連】Ontenna、ついに発売へ!「Ontenna展-感じること、それが未来。」も始まります。コピー書きました

f:id:okuu:20190611175643j:plain

 

 え〜っと、あまり自分の仕事のことはブログでは書かないのですが、ずっと関わってきた Ontenna(オンテナ)がやっと発売等決まって、今日からイベントも開催されるのでちょっと興奮気味にMacに向かっています。

 

 Ontenna は耳の悪い人たちのために開発された、音をからだで感じるユーザインタフェースです。写真の女の子のように髪の毛に付けたり、男の子のようにえり元やそで口などに付けることで、振動と光によって音の特徴をからだで感じることができます。特に、あまり聞こえない子供たちにとって、音を「感じること」ができるのは大きな喜びであるはずです。

 

 同時に Ontenna は、健聴者とろう者が共に楽しむことができるインタフェースでもあります。スポーツや音楽などで周りの人と感動を共有できることもまた、彼らにとってはすごくうれしいことなのです。そこには確かに「つながる喜び」があります。

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2019.6/3週)

 出る本。文庫化です。宮部みゆき「三鬼 三島屋変調百物語四之続」(6/14)出ます。シリーズの第四弾、これはもう安定のおもしろさ。表題作の「三鬼」、印象に残ってるなぁ。まぁ4巻目からでも読めますが、未読の人は1巻目「おそろし」からぜひ!あと、これ単行本は日本経済新聞出版社で文庫はずっと角川から出てるのですが、文庫の表紙がどれもツマラナイ。なんとかしろよ、角川!

 

◯「三鬼 三島屋変調百物語四之続」の書評はこちら


 書評家の瀧井朝世さんが選んだ恋愛小説傑作アンソロジー「運命の恋」(6/14)、文庫で出ます。選ばれたのは村上春樹、角田光代、山白朝子、中島京子、池上永一、唯川恵の6人の短編。山白朝子って乙一の別名ですね。で、何が選ばれてるのか、タイトルはちょっと分かりません。これは気になるところ。

 

続きを読む