また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【書評】山本文緒「ばにらさま」ー山本文緒さん最後の短編集は女性を主役にした6つの物語。彼女の小説、まだまだ読みたかった

 

 亡くなった山本文緒さん最後の1冊は短編集。とは言っても表題作の雑誌掲載は2008年、一番新しいのが「20×20」の2015年なので最新のものとはいえない。これからまだ未発表作品が本になるのだろうか。なるのならすごくうれしいのだけど。

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!辻村深月のホラーミステリー「闇祓」はどうだ!「谷口ジローコレクション」、原田マハ「常設展示室」文庫化、も(2021.10/5週)

 

 出る本、辻村深月「闇祓(やみはら)」(10/29)出ます。辻村さん初の本格ホラーミステリー!!ううむ。アマゾンの紹介文を。

 

あいつらが来ると、人が死ぬ。 辻村深月、初の本格ホラーミステリ長編!

「うちのクラスの転校生は何かがおかしい――」
クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。
しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。
唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。
ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は憧れの先輩・神原に助けを求めるが――。
身近にある名前を持たない悪意が増殖し、迫ってくる。一気読みエンタテインメント!

 

おぉ、なんだかこれ読みたいぞ。辻村ワールドは一筋縄ではいかないからなぁ。

◯特設サイト、あります!

【絵本/賞】しおたにまみこさんの「たまごのはなし」が第28回ブラチスラバ世界絵本原画展で金牌を受賞!!!

 

 おぉ、パチパチパチ!しおたにまみこさんの「たまごのはなし」、タイトルはよく見かけていたのですが未読です。しおたにさん初めての絵童話。ブロンズ新社の紹介文を!

本書は、デビュー作で「第11回MOE絵本屋さん大賞新人賞第2位」を受賞し注目をあつめる絵本作家、しおたにまみこさん初の絵童話です。

主人公は、ある日突然めざめた「たまご」。初めて動いたり、考えたりするなかで、自分の言葉で話すことを獲得していきます。ちょっとクセの強いたまごが繰り広げる物語は、シュールでユーモアたっぷり。たまごが何気なく発する一言や疑問が、読み手の思考を刺激してくれます。子どもはもちろん、大人も楽しめる作品です。
木炭鉛筆で繊細に描かれた絵にもぜひご注目ください。

続きを読む

【絵本/感想】M.B.コブスタイン「ねむたいひとたち」ーねむたい、ねむたい。ねむたいひとたちもねむたくないひとたちもみんなみんなねむたい!

 

 作者のゴフスタインについてはほとんど知識がなかった。女性で2017年に77歳で亡くなっている。かなり有名な絵本作家らしい。この絵本に惹かれたのはそのタイトルと表紙に描かれた絵。そして、谷川俊太郎訳だったこと。タテ126mm 、ヨコ119mmの小さな絵本だ。その中に眠たい人たちが眠たい顔してずっといる。ううむ、これはいいぞ、好みだぞ。

続きを読む

【追悼】小説家の山本文緒さん、亡くなる。これからどんな物語が読めるのかすごく楽しみにしていたのに…。

 

 う〜〜〜ん、ツイッターから突然流れてきたツイートをにわかには信じられず、検索をかけ事実だと知ってしばらく呆然としていました。すい臓がんで春から闘病中だということはさらに後から知ったのですが、「ばにらさま」の書評を書く前に読もうと先日見たネットのインタビュー記事の写真が、その笑顔が忘れられず、またまた呆然。なんでかなぁ、なんでこうなっちゃうんだろう。

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!西加奈子、久々の新作「夜が明ける」はどうだ、どうだ!!(2021.10/4週)

 

 出る本、西加奈子「夜が明ける」(10/20)出ます。僕は西さんのいい読者ではなく、というか未だ1冊も読んだことがないのですが、なんだかこれは大切な本ではないかと思ったので紹介します。今週はこれ1冊!まずはアマゾンの紹介文を。

続きを読む

【BOOK NEWS】今日16日から「描くひと 谷口ジロー展」、世田谷文学館で開催!2月27日まで!!おぉ、これは行くぞ!

f:id:okuu:20211015100645j:plain

©︎谷口ジロー

 世田谷文学館、やるなぁ。先日このブログで紹介した「ヨシタケシンスケ展かもしれない」展もやはり世田谷文学館ですが、同館は岡崎京子やヒグチユウコ、行けなかっけれど安西水丸などの展覧会を開催してくれて本当に嬉しい場所です。

 

 そして、「描くひと 谷口ジロー展」!!!日本だけではなくフランスをはじめ世界に多くの読者を持つ谷口さん。今回は自筆原画など約200点を中心に活動初期の1970年代から2010年までを全6章に分けて紹介。明治の文豪たちにスポットを当てた『「坊ちゃん」の時代』の特設エリアもあるそうです。

続きを読む