また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.8/5-9/1週)

 さて、出た本。日本推理作家協会賞受賞、直木賞候補にもなった柚月裕子「孤狼の血」が文庫になりました。警察小説として非常に高い評価を受けていて来年5月には映画も公開予定です。これ、読みたいなぁ。本の特設サイトもあります。

 


 出る本。すでに紹介した宮部みゆきのデビュー30周年記念特別作品「この世の春 上・下」(8/31)がいよいよ出ます。内容についてはこちらでくわしく書いたので読んでみてください。楽しみっ!!!

 


  もう1冊、グリコ森永事件を題材にした「罪の声」で注目を集めた塩田武士の新作「騙し絵の牙」(8/31)が出ます。これおもしろいのは「大泉洋主演小説」なんです。表紙がすでに大泉さんになっちゃってる。ドラマなどで「あてがき」はあるけれど小説で過去にあったのかな?作家が何となくイメージして書くことはあるだろうけど…。「完全アテガキの社会派小説」って書いてありましたよ。なんだかスゴい。ちょっと期待したい作品です。

 

○「騙し絵の牙」に関するニュースはこちら


 ◯これまでの「出る本、出た本」はこちらでまとめて

 

 2017.8.27 何日か暑い日はありましたが今日は涼しい一日。今週も曇りの日が多そうです。読書は佐藤正午「夏の情婦」。

 

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ