また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2013.7/2週)

 さてさて、出た本。「レイモンド・カーヴァー−作家としての人生」。NYタイムズ絶賛の決定版評伝となればカーヴァー好きとしてはぜひ読みたい。実はこのブログのタイトルはカーヴァーを意識して付けたのです。ひえっ、恥ずかしい…。村上春樹が解説を書いてます。え〜っとそれから、雑誌「ダ・ヴィンチ」の最新号、特集は「わたしの街の本屋さん」、なかなかのセレクトみたいです。これは読まねば。表紙はじぇじぇじぇ!能年玲奈!インタビューもあるぞ。

 

 出る本。今月は文春文庫が気になる、気になる。当ブログでも紹介したあさのあつこの傑作時代小説「火群のごとく」、平松洋子☓谷口ジローという名コンビの手になる食のエッセイ「サンドウィッチは銀座で」、小林信彦の週刊文春連載コラム「森繁さんの長い影 本音を申せば6」、どれも明日10日発売!もう一冊は原田マハ「総理の夫」(7/11)やややややっ、この表紙…すごいな。いずれにしても、原田マハの新刊はチェックが必要ですっ。

 

レイモンド・カーヴァー -
作家としての人生

キャロル・スクレナカ 村上 春樹
4120045137
ダ・ヴィンチ
2013年 08月号
[雑誌]

B00DGX14JY
火群のごとく
(文春文庫)

あさの あつこ
4167722127
サンドウィッチは銀座で
(文春文庫)

平松 洋子 谷口 ジロー
4167838699
森繁さんの長い影 本音を申せば6
(文春文庫)

小林 信彦
4167256312
総理の夫
原田 マハ

440853627X

 

◯「ダ・ヴィンチ」最新号の目次はこちら

◯あさのあつこ「火群のごとく」の僕の書評はこちらから。

  

 

2013.7.9 な、な、なんでしょうねこの暑さは。もう夏バテだぞ。読書、小川洋子の「いつも彼らはどこかに」はもうすぐ終わり。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ