また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【本の雑誌】2013年度「本の雑誌」上半期ベスト10、発表!

 もう9月号も出たので8月号に掲載された「本の雑誌」上半期のエンターテインメント・ベスト10を発表します。

 

1はだかんぼうたち/江國香織 2暗殺者の正義/M・グリーニー

3七帝柔道記/増田俊也 4島はぼくらと/辻村深月

5ふたり女房/澤田瞳子 6騎手の一分/藤田伸二

7フィリピンの小さな産院から/富田江里子 8憧れの女の子/朝比奈あすか

9あのひとは蜘蛛を潰せない/彩瀬まる 10夢でまた逢えたら/亀和田武

 

 座談会を読んで気になった本は、江國香織の新境地だというベスト1の「はだかんぼうたち」。「膨大な人間が出てくる膨大な群像劇」だって。これは読みたい。血沸き肉踊る久々の傑作冒険小説と紹介された、「暗殺者の正義」もおもしろそう。あとは年間トップもあり得るという評価の辻村深月の「島はぼくらと」。瀬戸内海の島を舞台にした青春小説だ。もう一冊、騎手の藤田伸二が書いた「騎手の一分」。これは噂には聞いていたが、武豊が勝てなくなった理由や同僚騎手への批判など、藤田だからこそ書ける話がいっぱい。興味津々だ。さて、この中で年間ベストに残る本は?あ、僕はこの中の本は1冊も読んでません。

 

はだかんぼうたち
江國 香織
4041104106
暗殺者の正義
M・グリーニー
4150412812
七帝柔道記
増田 俊也
4041103428
島はぼくらと
辻村 深月
406218365X

ふたり女房
澤田 瞳子
4198636079
騎手の一分
藤田 伸二
4062882108
フィリピンの小さな産院から
冨田 江里子
4883442268

憧れの女の子
朝比奈 あすか
4575238090
あのひとは蜘蛛を潰せない
彩瀬 まる
4103319623
夢でまた逢えたら
亀和田 武
4334977405

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ