また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】北村薫・宮部みゆき編「名短篇、ここにあり」-完成度より奇妙な味を優先、うれしいなぁ

完成度よりも奇妙な味が優先された短編アンソロジー。

 

名短篇、ここにあり (ちくま文庫) 名短篇、ここにあり (ちくま文庫)
北村 薫

筑摩書房 2008-01-09
売り上げランキング : 66051
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 希代の本読みである北村薫と宮部みゆきが選んだ12のおすすめ短篇、

となると読まないわけにはいかない。アンソロジーの楽しみといえば読

んだことのない作家の小説が読めることだが、ラインナップを見ればそ

れにも十分に応えてくれそうだ。さて、普通「名短篇」というと、なん

というか、短くてもワザ!って感じで見事にまとめられた小説が選ばれ

そうだが、この2人のセレクトはちょっと違う。完成度というよりおも

しろさ、おもしろさというより奇妙な味の方が優先されているようで、

ちょっとうれしくなってしまう。

 

 個人的に一番好きなのは黒井千次の「冷たい仕事」。冷蔵庫の霜取り

にいい男二人が夢中になってしまう話、それも出張先の旅館で!霜取り

の快感を知ってる人にはしびれる話だ。半村良の「となりの宇宙人」。

SFの大家がどんな話かと思ったら、宇宙人と町の人々とのやり取りが

落語の人情噺になっていて、なんともおかしい。城山三郎「隠し芸の男」

はサラリーマンの悲哀を描いてる作品だがラストがなんとも恐い。え~

こんなのヤだよぉ。吉村昭「少女架刑」はたぶん一生忘れない。だって

…。他にも、吉行淳之介、山口瞳、戸板康二、松本清張、井上靖、小松

左京の傑作がズラリ。続編「名短篇、さらにあり」も当然読むべし。

 

名短篇、さらにあり (ちくま文庫) 名短篇、さらにあり (ちくま文庫)
北村 薫

筑摩書房 2008-02-06
売り上げランキング : 78037
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

               ◯ ◯

 

2010.7.14 さてさて、そろそろ梅雨明けか。夏になると犬の散歩やら

草屋根の水やりやらいろいろと悩みが多い。ノーエアコンなので、ま、

暑いし。こういう時には本でも読んで、というわけにもいかないしなぁ。

 

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評へもここからどうぞ!

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

人気ブログランキングへ