また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【BOOK NEWS】いつもワクワクする山田太一の小説ワールド!

奇妙な設定の中で鮮やかに浮かび上がるテーマ。

 土曜日は山田太一ドラマスペシャル「遠まわりの雨」があった。僕自身、もちろん脚本家山田太一は好きだが、小説家山田太一とその作品はさらに好きだ。彼の小説ワールドはなんといっても設定が面白い。

 

 処女長篇「飛ぶ夢をしばらく見ない」は出現するたびに若返っていく女の話だし、映画にもなった「異人たちとの夏」は幼い頃死別した父母(いわば異界の人)と主人公との再会の話。「君を見上げて」は大女と小男の恋物語、「丘の上の向日葵」は見知らぬ美女からわが子の存在を告げられる男の話だ。そんな奇妙な設定なので、僕らはグッと前のめりになって読む。だからこそ、作者からのパンチがガツンと効く!彼が伝えたいテーマは愛であり、性であり、家族である。セリフのうまさ、構成の巧みさは脚本同様。はまっちゃったらなかなか抜けられない、それが山田太一の小説ワールド。まだの人はぜひ!そろそろ新作も読みたいぞ。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ