また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2012.11/3週)

 ではでは、出た本。文芸賞受賞の「おしかくさま」を書いた谷川直子って、なんと元高橋源一郎夫人でテレビにも良く出ていた高橋直子さんではないか。再婚後、長崎の五島に住み小説を書いているとか。受賞作はお金の神様の話だそうだ。気になる。僕も書評を書いた盛田隆二「二人静」が文庫に。帯と巻末エッセイがよしもとばなな。これ、いいですよぉ。せひぜひ。帯の写真を含めここにいろいろと詳しく。僕の書評はこちらから。

 

 出る本は1冊。自分の半生は立川談志と共にあった、と語る吉川潮が書いた「談志歳時記 名月のような落語家がいた」(11/22)、吉川さんは家元の死後「もう落語に興味を失った」と言っているらしい。一番近くにいて、家元を一番理解していた筆者が書いた入魂の1冊。これは読まねば!!

 

おしかくさま
谷川 直子
4309021417
二人静 (光文社文庫)
盛田 隆二
433476486X
談志歳時記: 名月のような落語家がいた
吉川 潮
4104118079

                

2012.11.17 なんだかいろいろと疲れることが…。読書は松家仁之「火山のふもとで」が終わり、ジェフリー・ディーヴァー「バーニング・ワイヤー」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ