また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.10/3週)

 出る本。三崎亜記「30センチの冒険」(10/14)。彼には「となり町戦争」「バスジャック」「失われた町」「鼓笛隊の襲来」など印象的な長編や短編集がある。独自の世界を切り拓いてる感じがして好きだったのだけど、最近は読んでいない。でもこれはちょっと気になるんだなぁ。アマゾンの紹介文、読んでみてください。

 

僕が迷い込んだのは、「大地の秩序」が乱れた世界――
三崎亜記のすべてが詰まった傑作ファンタジー!

故郷に帰るバスに乗ったユーリが迷い込んだのは、
遠近の概念が狂った世界だった。
ここでは、目の前に見えるものがそばにあるとは限らず、
屋外に出ればたちまち道に迷ってしまう。
街の人々に教えられ、ユーリはこの世界のことを少しずつ知っていく。

私生活のすべてを犠牲にして、この世界の道筋を記憶する女性「ネハリ」。
不死の「渡来人」。砂漠の先にある「分断線」。
人間と決別し、野生に戻った本たちと「本を統べる者」。
そして、通り過ぎる街の人々を連れ去っていく「鼓笛隊」。

全滅の危機に瀕した街のために、ユーリは立ち上がる。
この世界にあるはずのない「30センチのものさし」を持って。

 

 どうでしょう?久しぶりに三崎亜記ワールドに触れてみようかな。うむ。

 

◯三崎亜記「となり町戦争」の書評はこちら。これは傑作!

 

  もう1冊、ジェフリー・ディーヴァー「ブラック・スクリーム」出ます。彼のリンカーン・ライムシリーズは無敵のおもしろさ。物語世界にどっぷり浸かりたいならおすすめです。今回は舞台がニューヨークからナポリへ。誘拐事件の犯人を追ってイタリアに行く展開だとか。またまたとんでもないどんでん返しがあるのか???

 

2018.10.15 東京地方、天気がイマイチ。曇りの日が続いて気分も今ひとつ。やること多し。読書はすごく薄い「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」が終わらない。

 【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ