また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2016.4/4週)

小さな本の大きな世界
長田 弘 酒井 駒子
4861013267
SWITCH Vol.34 No.5
マツコ・デラックス

4884184807
食べる私
平松 洋子
416390445X

 

父よ、ロング・グッドバイ
男の介護日誌

盛田 隆二
457531126X
このあと
どうしちゃおう

ヨシタケシンスケ
4893096176
大きな鳥に
さらわれないよう

川上 弘美
4062199653

 

 さてさて、出た本。長田弘「小さな本の大きな世界」、出てました。昨年亡くなった詩人の長田弘さんの本にまつわるエッセイ。これはとても気になる!絵は酒井駒子さん。ぜひぜひ読みたい!!

 

 本日発売の雑誌。「SWITCH」最新号の特集はマツコ・デラックス彼のというか彼女のというかテレビはよく見るが、インタビューなど紙媒体にはほとんど登場していない。どんなこと考えてるのだろう?これ、売れるぞっ!

 

 さらに本日発売の2冊。平松洋子「食べる私」は、デーブ・スペクター、ギャル曽根、堀江貴文、高橋尚子、樹木希林などなど29人との食をめぐる対話集。帯の「食を語れば、人間の核心が見えてくる」というコピーがいい。読みたい。盛田隆二「父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌」も気になる一冊。リアリズムの名手が自らの介護体験を語るのとなると読む方も覚悟がいるかも。でも、読む。

 

 出る本。大好き!ヨシタケシンスケの「このあと どうしちゃおう」(4/22)も出ます。おぉ、これはテーマが「死」なのか。どうだろ?どうだろ?どんなだろう??川上弘美「大きな鳥にさらわれないように」(4/22)。これは滅亡の危機に瀕した人類の話らしい。川上弘美が描く未来世界とは?

 

 

◯「SWITCH」最新号内容はこちらに。

 

◯これまでの「出る本、出た本」はこちらでまとめて


 

 2016.4.20 まだまだ続く余震。専門家も先が読めないような状況で原発を停めなくていいの?読書は宮下奈都「羊と鋼の森」!

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ