また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2014.10/1週)

 

アトリエ・タタンのチーズケーキ
渡部 まなみ
4579212142
水声
川上 弘美
4163901310
談春 古往今来
立川 談春
4103358319
ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻
(新潮文庫)

宮部 みゆき
4101369372
キャットニップ
大島 弓子

4093883831
ぼくの好きなコロッケ。
(ほぼ日ブックス)

糸井重里 横尾忠則
4865011358

 

 今回は出た本をドドドッといきます。吉祥寺で小さなお店を続けてきてわが家もファンだったタタン。特にチーズケーキは知る人ぞ知るおいしさ。そんなタタンのレシピ本が出ました。渡部まなみ「アトリエ・タタンのチーズケーキ」。これはぜひぜひ!川上弘美「水声」も出ました。川上ワールドを堪能できそうな長編小説。期待度大です。表紙が美しい。立川談春の「談春 古往今来」。「赤めだか」が大好評だった談春、これはインタビューやエッセイ、対談などを通して彼の軌跡をたどる1冊。読みたい!

 

 文庫化は宮部みゆき「ソロモンの偽証第2部 決意(上・下)。読みだしたらもう止まりませんよね。そして、大島弓子の「キャットニップ」出ましたぁ。これ、映画やドラマにもなってる名作「グーグーだって猫である」の続編なんです。タイトルが気になって調べてみたら猫が好きなハーブの名前なんだって。ふ〜む。とにもかくにも嬉しすぎる続編の刊行です。もちろん読む!そうだ、糸井重里「ぼくの好きなコロッケ。」も出てた。「ほぼ日」などで糸井さんが書いた言葉を集めたもの。これ、けっこう心にズンと来ます。ぜひぜひ読んでみて。今回はこのへんで。

 

 

 

 

2014.10.3 ここで言うのもどうかとも思うけど、このブログはFC2なのですが、なんだか悪いことをしたらしい。存続の危機という噂も。ブログ違うところにしようかと検討中。でもめんどくさい。どうするか…。読書は津村記久子「エヴリシング・フロウズ」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ