また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (20194/2週)

 出た本。松井玲奈「カモフラージュ」。書評家の大森望氏が「カモフラージュ」収録の「拭っても、拭っても」という小説を読んでこんなツイートを残している。

 

「拭っても、拭っても」を読んで、てっきり押切もえ路線で行くのかと思ってたのにぜんぜん違った。松井玲奈畏るべし。ぜんぜんまったく「アイドルの小説」ではありません。

 

 同じく「カモフラージュ」に入っている「ジャム」を読んだ感想。

 

遅ればせながら松井玲奈「ジャム」(小説すばる2月号)を読んだら、お父さんがいきなり4人に増えて帰宅する話で仰天。ラファティ「町かどの穴」かと思いました! すごいな、こんなの書くんだ。集英社の短篇が終わったらぜひ『NOVA』に書いてほしい! という原稿をいまさっきEXwebに書きました。

 

 「カモフラージュ」の帯には作家の島本理生と森見登美彦のコメントが。

 

油断していると、次々予想を裏切るメニューが出てくるような短編集。
――島本理生(作家)
明太子スパゲティをこのうえなくおいしそうに書ける人。信頼せざるを得ないのである。
――森見登美彦(作家) 

 

 というわけで、松井玲奈はあなどれない。これはもう読むしかないじゃないか!

 

  出る本。朝日新聞夕刊での連載が始まった朝井リョウ、「ままならないから私とあなた」(4/10)が文庫に。これは3年前に出ていて僕も読んでますが、もしかしたら今読んだ方がさらにピンとくるのかもしれない。内容は下の僕の書評を読んでみてください。おもしろいぞ。

 

◯朝井リョウ「ままならないから私とあなた」の僕の書評はこちらから。


DATA◇松井玲奈「カモフラージュ」1512円(税込)◇朝井リョウ「ままならないから私とあなた691円(税込)

 

2019.4.8  J:COMの機器が調子悪く、録画がうまく出来ず困惑。読書は村山由佳「猫がいなけりゃ息もできない。」、うむ。

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ