また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【文学賞】2019年本屋大賞が決まりました!!!

 今年の本屋大賞は瀬尾まいこ「そして、バトンは渡された 」に決定しました。パチパチパチ!そうかぁ、こっちか。木皿泉の「さざなみのよる 」がイチオシだったのだけど。ううむ、これは未読。読もうと思ったのだけど結局読んでない。でも、瀬尾さんよかったです。Amazonの内容紹介文の引用しておきます。

 

森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作

 

 

   その他、発掘部門「超発掘本!」は神山裕右「サスツルギの亡霊」(講談社文庫)、翻訳小説部門は「カササギ殺人事件 上下」に決まりました。

 


◯授賞式の模様はまだこちらで見られます

 

 

◯ノミネート10作品は次の通り

 

 ◯ホームページはこちら!得点ランキングも載っていますよ

 

◯これまでの「本屋大賞」関連記事はこちら

 

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ