また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2014.9/1週)

優雅なのかどうか、
わからない

松家 仁之
4838726937
エヴリシング・
フロウズ

津村 記久子
4163901124
この部屋で君と
朝井 リョウ 越谷 オサム
吉川 トリコ 坂木 司他
4101800057
日本文学100年の名作第1巻1914-1923 夢見る部屋 (新潮文庫)
池内 紀
4101274320
変愛小説集 日本作家編
川上 弘美 多和田 葉子 本谷 有希子 村田 沙耶香 木下 古栗 小池 昌代 星野 智幸 津島 佑子 吉田 知子 深堀 骨 安藤 桃子 吉田 篤弘 岸本 佐知子
4062190656

 

 さて、出た本。「火山のふもとで」の松家仁之、新作が出ました。これは気がつかなかったなぁ。「優雅なのかどうか、わからない」。この表紙、書店でも目立ってました。吉祥寺周辺が舞台、読まねばっ!!!津村記久子の新作「エヴリシング・フロウズ」の評判がいいです。津村ワールドは僕も大好き。これも期待度大です。あと、新潮文庫nexが創刊されましたね。その中で注目は、というか、これしかわからん。朝井リョウ、吉川トリコ、坂木司などのアンソロジー「この部屋で君と」、これ、なんか惹かれるものがあって買っちゃいました。ふたりぐらし、がテーマです。

 

 新潮文庫nexもそうですが、新潮文庫創刊100周年ということでいろんな企画をやってますが、「日本文学100年の名作 全10巻」もそのひとつ。第1巻「1914-1923 夢見る部屋」が出ました。池内紀、川本三郎、松田哲夫が選んだ、となると注目せずにはいられません。あ、これは文庫での企画です。ううむ、読みたい、でも…。

 

 出る本はひとつ。「変愛小説集 日本作家編」(9/5)。大きな話題を呼んだ岸本佐和子さん編の英米文学アンソロジー「変愛小説集」の日本編です。あ、恋愛じゃなくて「変」愛ね。これは盛り上がるなぁ。川上弘美、多和田葉子、村田沙耶香、木下古栗、津島佑子など気になる物語がいっぱい。どこがヘンか、どんなにヘンか。しっかり確かめねば!!

 

◯松家仁之のその他の本の書評はこちら

◯津村記久子の本の書評はこちらから

 ◯朝井リョウの他の本の書評はこちらです

 

 

  

2014.9.3 広告関連の大きなコンペが始まってちょっとだけ気合が入る。また少し暑くなってきたなぁ。読書は辻村深月「島はぼくらと」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ