また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【ドラマ】さて、春ドラマ。原作も気になる、気になる。

セラピューティック・
ラブ

清 心海
4041029805
アルジャーノンに花束を
(ハヤカワ文庫NV)

ダニエル・キイス
4150413339
アイムホーム 上
(ビッグコミック)

石坂 啓
4091870864
書店ガール (PHP文芸文庫)
碧野 圭
4569678157
64(ロクヨン) 上 (文春文庫)
横山 秀夫
4167902923
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)
池井戸 潤
4094088431
天皇の料理番 (上) (集英社文庫)
杉森 久英
408745293X

 

 春ドラマもそろそろスタート!まず気になるのが精神科医が主人公の「Dr.倫太郎」だ。堺雅人主演で蒼井優、吉瀬美智子、内田有紀と共演者も豪華。「ドクターX」などの中園ミホのオリジナル脚本だが、原案小説があるらしい。清心海「セラピューティック・ラブ」。著者は精神科医らしいけど、名前も「せいしんかい」なんですかね。うむ。

 

 ドラマ化は2度めになる「アルジャーノンに花束を」にも注目。山Pに栗山千明、脚本監修が野島伸司。野島伸司の起用が吉と出るか凶と出るか、って感じだけど、まぁ、見ないわけにはいかない。原作は言うまでもなくダニエル・キイスの傑作。早川も著者追悼の訳者あとがきを付した新版を出すなどリキが入ってる。キムタク、上戸彩主演の「アイムホーム」は石坂啓のコミックが原作。事故で直近5年の記憶を失った男とその家族の話。AKBの渡辺麻友、稲森いずみなどの「戦う!書店ガール」は吉祥寺の書店が舞台。原作は碧野圭の「書店ガール」だ。これシリーズ化されてて、もう3冊も出てるらしい。

 

 全5回だけどNHKの「64」はピエール瀧、木村佳乃などの出演。横山秀夫の原作が大ヒットしたので期待度も高い。文庫化されたばかりなので手にとった人も多いでしょう。

 

 個人的にはこのあたりは全部見そう。見ないと思うけれど原作付きなのは人気の池井戸潤の同名小説が原作の相葉くん主演「ようこそ、わが家へ」、杉森久英の同名小説が原作の佐藤健主演の「天皇の料理番」など。さて、あなたは何を見る??

※「アイムホーム」「64」「天皇の料理番」は上下2冊。「書店ガール」はシリーズ全3冊です。

 

◯各番組のホームページは

Dr.倫太郎

アルジャーノンに花束を

アイムホーム

戦う!書店ガール

64

ようこそ、わが家へ

天皇の料理番

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ