また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【文学賞】泉鏡花文学賞に中島京子「妻が椎茸だったころ」と小池昌代「たまもの」。

 今年の泉鏡花文学賞が発表されました。朝日の扱い、小さかったなぁ。昔はもう少し大きな記事になってたと思ったけれど…。受賞作は中島京子「妻が椎茸だったころ」、小池昌代「たまもの」。2作品でした。パチパチパチ!

 

 中島京子のこの作品はタイトルがタイトルだけに気になってはいたのだけど…。今、アマゾンの解説を読んだら短編集なんだ。知らなかった。でも、おもしろそう。小池昌代は、名前は知ってるけれど読んだことがない。詩人としてのイメージが強いけれど。これもまた心惹かれる内容。どちらも読んでみたいぞ。

 

◯中島京子の他の作品の書評と情報はこちら

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ