また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【BOOK NEWS】河出書房新社の文芸誌「文藝」2019年秋季号、17年ぶりの重版決定!

 

 

 基本的に文芸誌は買わない。だけど、最近はどの雑誌も興味深い特集が多いので時々買ったり、立ち読みしたりしている私です(買え!)。それにしても「文藝」最新号の重版にはびっくり!雑誌の重版ってほとんどなくて超異例なことらしい。「文藝」では2002年の冬季号以来、17年ぶりとのこと。ううむ。

 

 今回の特集は「韓国・フェミニズム・日本」。読書好きならご存知のようにチョ・ナムジュ「82年生まれ、キム・ジヨン」がベストセラーになるなど韓国文学に注目が集まっていることがヒットの遠因だと思うのだけど、「82年生まれ、キム・ジヨン」の翻訳者・斎藤真理子と鴻巣友季子との対談やチョ・ナムジュ、パク・ソルメ、ハン・ガン、西加奈子、小山田浩子、高山羽根子他日韓の作家10人の短編競作などなど、内容的にもかなり充実していてすごい。さらに、11月にはこの特集をもとにした単行本も出るそうだ。

 

  もしかしたら、近所の書店にまだ在庫があるかもしれないので欲しい人はぜひチェックを!重版しても注文がなければ結局は在庫の山になっちゃうそうなので、本屋さんになくてどうしても読みたいという人は、書店に直接注文しましょう。重版注文分は7月19日以降書店着の予定だそうです。よろしく!!

 

 ◯最新の情報は「文藝」のツイッターをフォローしてみてください

◯「文藝」秋季号の内容はこちらから。「目次・収録作品」をクリック!


◯映画化も決まった「82年生まれ、キム・ジヨン」


 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ