読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】川上弘美「大きな鳥にさらわれないよう」-地球の歴史を俯瞰しているような深くて大きな物語

■か行の作家 ■か行の作家-川上弘美

 連作短編ということでいいのだろうか。それぞれの物語はゆるやかに、しかし、緊密につながっている。この星の遠い遠い未来に始まって、さらに遠い遠い未来で終わる物語。人間由来よりも鼠由来やカンガルー由来、イルカ由来の子供たちが数多く工場で作られているという未来、設定は過激だが、不思議なことにこの未来はなんだか懐かしく「コンピューター」などという言葉が出て来るとドキッとしてしまう。

 

 「母」たち、大きな母、「見守り」と呼ばれるもの、未来を左右するヤコブとイアン、「15の8」と「30の19」という名のカップル、次々と奇跡を起こすアーイシャ、特殊な能力を持つカイラ、そして、エリとリマという「最後の2人」、印象的な登場「人物」が次々と登場する。そして、彼らの言葉に導かれるようにこの物語の輪郭が次第次第に見えてくる。

 

  今の世界とは地続きではないように見える世界だが、そこにいる「人間」たちはやはり人間なのだ。作者は遠い未来を描きながら人類をしっかりと見据えている。警鐘の物語のように見えるが作者はけっして希望を失っていない。滅びに向かって進むように思われた物語にもゆるやかでやさしいラストが待っている。地球の歴史を包みこみ、そのまま俯瞰しているような大きな物語。読み返すほどに発見があるような気がする。

             

川上弘美の他の本の書評はこちら(旧ブログ)。

 

2016.11.4  おととい東京国際映画祭のクロージングで観た「聖の青春」はなかなかおもしろかった。原作、読みたいなぁ。読書は恩田陸「蜜蜂と遠雷」。

 

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ