また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】スティーブン・キング「11/22/63 上」-ケネディ暗殺を巡る物語、すでに傑作の予感…

 と言ってもまだ上巻が終わったところ。長いっ!で、このタイトル、何のことだか気になりますよね?実は1963年11月22日、ケネディ暗殺の日なのだ。では、どんな話か。全部読んでないうちに感想を書くわけにもいかないので、そのプロットというか、ポイントだけでも説明しようと思う。だって、これ、すご〜〜くおもしろいんだから。では、箇条書きで。

 

◯2011年に住む主人公は友人からある「穴」の存在を教えられる。

◯それはいつも1958年9月9日の同じ時刻につながる「穴」だ。

◯向こうに行って何かを変えても、もう一度行くとリセットされる。

◯つまり「毎回の旅が最初の旅」、ということになる。

◯向こうで何年暮らそうがこちらで流れる時間は2分だけ。

◯しかし、向こうで暮らした分だけ当人は年をとる。

◯ガンに侵された友人は 1963年11月22日のことを持ち出す。

◯それは歴史の分水嶺ではないのか。そこを変えれば大きく変わる?

◯主人公は穴の向こうに行く。

◯とはいえ、歴史は変えられることを望んでいない。

◯さてさてさて、どうなる???

 

 これだけでもう読みたくなるでしょう? 上巻の最後は1962年。「その時」が近づいている。主人公は心震えながらも準備を進めている。しかしこの物語、それだけではない。50年代の終わりから60年代前半のアメリカをどう描くか。そして、その時代の人々は?キングの腕は冴えわたる。とにもかくにもこれからの展開が楽しみ。いったいどんなところに着地するんだろう? 

 

○上下巻通読した書評はこちらです

 

 2013.11.1 国内最大の広告コンペも終わったし、さぁ読書の秋に突入!って気分だけと、まだまだ「11/22/63」下巻。急げっっっ!!

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ