また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【絵本】高野文子「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」-絵本でも高野文子は高野文子である

 

しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん (幼児絵本シリーズ) しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん (幼児絵本シリーズ)
高野 文子

福音館書店 2014-02-05
売り上げランキング : 30591

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 「絶対安全剃刀」「るきさん」「黄色い本」など、高野文子は寡作の漫画家だが、そのすべてが傑作で僕も大好きだ。そしてこれは福音館の「幼児絵本シリーズ」の一冊として発売された彼女の絵本。いやいやいや、まいったなぁ。絵本でも高野文子は高野文子だなぁ。よくもまぁ、こういう表現が!

 

 冒頭で主人公の男の子はしきぶとんさんたちに語りかける。「あさまでよろしくお願いします あれこれ いろいろ たのみます」。そして個別?のお願いが始まる。しきぶとんさんへは「どうぞ わたしの おしっこが よなかに でたがりませんように」。ふふふ。すると「まかせろ まかせろ おれに まかせろ」と心強い答えが返ってくる。男の子は、さらに、かけぶとんさんやまくらさんにも違うお願いをするのだ。

 

 大体、ふとんを3つに分けちゃうという発想からして驚き。これ、思いつきそうでつかない。そして、男の子のキャラクター、というか造形!ふとんもまくらもなんだかすごいことになっている。シンプルだけとチープじゃない色と形のアンサンブル!その見せ方もまた高野文子らしい。リズミカルな文章もいい。大人が見てももちろんおもしろいけれど、子供たちも大好きになることうけ合い。いろいろ楽しめるから、おやすみ絵本には持ってこいだと思うぞ。

 

◯高野文子のコミックのレビューはこちら

        

2014.4.7 桜もだいぶ散ってきましたね。今年はいろいろあり過ぎてゆっくり楽しめなかった。読書はサリンジャー「フラニーとズーイ」。春樹訳。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ