また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2016.1/1週)

いつも彼らはどこかに
(新潮文庫)

小川 洋子
4101215278
大地のゲーム
(新潮文庫)

綿矢 りさ
4101266522
ぼくがいま、死について思うこと
(新潮文庫)

椎名 誠
4101448396
昨夜のカレー、明日のパン
(河出文庫)

木皿 泉
4309414265
ことり
(朝日文庫)

小川洋子
4022648031
坂の途中の家
角田光代
4022513454
海街diary 7 あの日の青空
吉田 秋生
4091670733

 

 明けましておめでとうございます。今年もよろしく!2016年は人気の(たぶん)このコーナーから。出た本、新潮文庫での文庫化3連発、小川洋子「いつも彼らはどこかに」、綿矢りさ「大地のゲーム」、椎名誠の「ぼくがいま、死について思うこと」出ました。小川本、綿矢本はどちらも既読ですが、いいですよぉ。かなりのおすすめ。椎名本は未読だけど、アマゾンの紹介を見ると激しく読みたくなりました。

 

 さてさて、出る本。え〜っと、木皿泉「昨夜のカレー、明日のパン」(1/7)河出から文庫になります。名作です。ちょっと前にも書いたけど、書き下ろしがついてるのはズルくないのか。単行本も買って、文庫本も買えっていうのか。でもこの書き下ろし短編、読みたい。立ち読みするかなぁ。買っちゃったりして。未読の人は幸せ!さらに文庫化。小川洋子「ことり」(1/7)、朝日文庫から出ます。これはいいですよぉ。まさに小川ワールド!読み返したくなった。

 

 さて、新刊。それも大注目作。角田光代「坂の途中の家」(1/7)出ます。「八日目の蝉」「紙の月」に連なる社会派エンターテイメント。どちらも良かったからなぁ。乳幼児虐待事件がテーマのようです。読みたいっっっっ。最後にコミック、新刊がなかなか出ない「海街diary7 あの日の青空」(1/8)がやっと出ます。映画は観られなかったけど、コミックは読んでます。楽しみ!

 

 というわけで、まぁ、今年もこんな調子でいきます。みなさん、どうぞよろしく!コメントなども大歓迎。

 

◯小川洋子、「いつも彼らはどこかに」の書評はこちら

◯綿矢りさ「大地のゲーム」の書評はこちら

◯木皿泉「昨夜のカレー、明日のパン」の書評はこちらです

 ◯「海街Diary」の感想もこちらにあります 

 

 

2015.1.2 あっ、今晩、木皿泉脚本、薬師丸ひろ子×小泉今日子の「富士ファミリー」ありますよぉ。お忘れなく!読書は年越しで東山彰良「流」!

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ