また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【写真集】今泉忠明編集「ハシビロコウのすべて」-国内7施設にいる13羽を全紹介!野生の姿も見よっ!

 廣済堂ベストムックの1冊。表紙にはユニーク写真集って書いてあるけれど、やっぱりムックって呼んだ方がぴったり。ムックにもいろいろあって、ダメダメなものもけっこう多いけれど、これは内容も充実していて、ハシビロコウファン?としては本当に嬉しい。で、このムック、監修が「ざんねんないきもの事典」の今泉忠明さんなんですよね。今やビッグネームだから変なものは出せない。今泉さん、さすがです!

 

 さて、内容。巻頭の顔のアップやうしろ頭(けっこう多彩)の写真でハートを鷲掴みにされて、そのまま野生の写真を見せられて舞い上がっちゃう。野生の彼らは孤高で何ともかっこいい。年に一度の恋の季節、オスとメスが並んで立っている姿もたまらない。彼らの生息地はアフリカの中部・東部の湿地。普段は単独行動が基本らしい。

 

  次の図解部分もかなりいい。「分類と分布」「ヒストリー」「体のしくみ」「飛翔と歩行」「狩りと菜食」「ブリーディング」「羽繕いと習慣」、7つのセクションに分けて詳解されているのだけど、歩行のシステムや羽の作りなどいろいろと興味深い。

 

 後半は国内7施設にいる13羽の紹介!いやいやいやいや、けっこうみんな個性豊かで写真見てるだけで楽しくなっちゃう。それに見れば見るほど可愛いいのだ。う〜ん、やっぱりいいなぁハシビロコウ!国内全部、本物を見に行きたい。というわけで、ファンはもちろん、興味がある、って人にもオススメの1冊です。
DATA◆今泉忠明監修 「ハシビロコウのすべて」(廣済堂ベストムック)1200円(税別)

 

◯勝手に帯コピー(僕が考えた帯のコピーです)

 

可愛い、可愛いすぎる。

これはもう恋かもしれない。

 

2019.9.19  母の一周忌も終わってホッとしている。読書はジュンパ・ラヒリ「わたしのいるところ」。作者初めてのイタリア語長編!

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ