また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【ハウツー】こけしマッチ製作所「手づくり雑貨の売り方手帖」-どう売るか?まず基本をしっかりと知る

 「ほぼ日」などでも紹介された毎年秋の「もみじ市」や雑司ヶ谷の鬼子母神などで開かれている「手創り市」などに足を運ぶとよくわかるのだが、手づくりの雑貨を作っている人(特に女性)がどんどん増えている。お正月のブログで書いたようにウチも妻が「裂き織り」のネットショップを始めたので、その手の本を何冊か読んだ。その中で「入門編」としておすすめなのが、この「手づくり雑貨の売り方手帖」だ。

 

 書いたのは「こけしマッチ製作所」の面々、顔のついたマッチを作って売ってる女性たちだ。マッチにもいろいろあって、デザインが楽しいのだけど、表紙を見てもわかるようにこの本もまたデザインがよく、読んでいて楽しくなってくる。全7章&データ集からなるこの本、「どんなルートで売るか」「雑貨作りのヒント」「売り込み方や宣伝の仕方」「作り方や在庫管理」「必要なお金の知識」「作り続けるためのヒント」「ネットショップの作り方」と、最初に必要なことは網羅されていると言える。彼女らの作る小さな雑貨と妻の裂き織りバッグとではアプローチの違いなどもあって戸惑うところもあったけれど、これから始めようと思っている人なら、この本はピッタリだろう。

 

 「入門編」と断ったのは、実際に始めてみるといろいろとわからないことが出てくる。商品を送るのは宅急便がいいのか、とか、包装はどうするのか、とか。それはもう商品によっても違ってくるから難しいのだけど、そういうこまかなことまではこの本には書かれていない。ただし、他の雑貨アーティストなどの話も入っているので、それはそれで参考になる。ちょっとでもその気がある人なら、ぜひ一読を。「よし、私もやってやろう」なんて気分になっちゃうかもしれませんよ。

 

○「手づくり雑貨の売り方手帖」は2012年7月、新情報も加えた新版が出ました

2011.1.18 「話の終わり」と平行して去年話題になった「昔日の客」を読んでいる。もう少しで読み終わっちゃう。なんだか終わるのが惜しい気分だ。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ