また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【本の雑誌】40周年特大号に「本の雑誌」が選ぶ40年の400冊が掲載!

 「本の雑誌」6月号は創刊40周年ありがとう特大号。そうか、そうか40年か。40年ってことは生まれてないよなぁ(うそ)。で、特集は「本の雑誌が選ぶ40年の400冊」、おぉ!

 

 といっても400ズラッと選んだのではない。まずは編集部が選んだ「40年の40冊」。これ、次号が出るぐらいに(忘れなかったら)このブログで発表するかもしれないけれど、1位だけ言っちゃうと三上延の「ビブリア古書堂の事件手帖」。意外?あのですねぇ「本の雑誌」はすでに30週年の時にも100号記念の時にもオールタイム・ベストを選んでるんです。だからもう、それとはあまり重ならないようにしようと、そういうことらしい。で、ま、こんな感じです。こんな感じ、ってよくわからんだろうけど。

 

 その他にですね、北上次郎のエンタメ本40冊、円城塔の日本文学の40冊(各年1冊)、坪内祐三のエッセイ40冊…え〜っと、あぁめんどくさくなっちゃった。あと時代物とかSFとかミステリとかの40冊で、全400冊!う〜ん、いろいろあるなぁ。海外ミステリーの1位がローリー・リン・ドラモンド「あなたに不利な証拠として」だったのがすご〜〜〜くうれしい。ローリー…なれなれしくて申し訳ないが、もう次はないんですか?もう書くのやめちゃったんですか?

 

 というわけで、「本の雑誌」6月号。ベストテンばかりじゃなく、巻頭カラーで、椎名誠、目黒考二などの本棚が紹介されてるし、先号からは北村薫のエッセイ、今月からは平松洋子の立ち食いそば巡りも始まった。買って損はない内容ですよ。ぜひぜひぜひ。

 

◯編集部選40年の40冊はこちらで発表しました。

 ◯ローリー・リン・ドラモンド「あなたに不利な証拠として」の書評はこちら

 

 【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ