また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2013.11/4週)

 出た本。紹介を忘れてた小説がひとつ。川上弘美の「猫を拾いに」、出てました。21編収録の短編集。21作だからひとつはかなり短いな。こういう短い小説、川上さんは得意だ。彼女らしさが横溢してる1冊だと思う。あ、そうだ。ブルータスの最新号は、「小津の入り口」。いいなぁ。小津の映画、好きだなぁ。表紙もいい。

 

 さて、出る本。中村勘三郎が亡くなって来月5日で1年。その時のことはここで書いたけれど、今でも悲しく、寂しい気持ちは変わらない。中村屋のさらに進化した「道成寺」はもう観られないんだなぁ、と思うとどうしようもない気分になる。勘三郎をテーマにした本はこの人が一番多いだろうと思う関容子の「勘三郎伝説」が明日18日に出る。最も信頼されていた著者による追悼本。これはぜひぜひ読みたい。あと「十八代目中村勘三郎全軌跡」(11/20)も気になる一冊だ。

 

 最後は伊集院静の「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」(11/22)。アマゾンの紹介文にあるように、野球と文学に魅入られた青春、という意味で作者と子規には相通じるものがある。NHKでやった「坂の上の雲」も忘れられない。正岡子規は香川照之で漱石は小澤征悦だった。というわけで、これもまたぜひ読みたい。

 

◯「ブルータス」のホームページはこちらから。

◯伊集院静の他の本の書評はこちら


 

猫を拾いに
川上 弘美
4838726198
BRUTUS (ブルータス)
2013年 12/1号 [雑誌]

B00G5KTCOO

勘三郎伝説
関 容子
4163767800
十八代目中村勘三郎 全軌跡
中川右介
4022511281
ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石
伊集院 静
4062186683

    

        

2013.11.17 いい天気が続いてうれしい。今日は隣の大学が学園祭でちょっとにぎやか。読書は窪美澄「雨のなまえ」。評判通りの出来!

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ