また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】スティーヴン・キング「11/22/63 上下」-これはまちがいなくタイムトラベル小説の傑作だ!

11/22/63 上
スティーヴン キング
4163824804
11/22/63 下
スティーヴン キング
4163824901

 

○上巻読了時点でプロット等を書いたので、未読の人はまずこちらを

 

 いやぁ、よかった。時間はたっぷりとかかったが、たっぷりとおもしろかった。そして、あのラスト!ここにたどり着いて本当によかった、と思える見事なラストだ。この話、ひと言で言えば「タイムトラベルでケネディ暗殺を阻止する物語」だが、もちろん、それだけではない。その「穴」を通って行ける唯一の過去1958年の9月9日、そして、暗殺の日1963年11月22日。この5年のタイムラグがキーポイントになる。主人公ジェイクがこの年月のほとんどを過ごしたジョーディの町。そこで出会った人々、そこで出会った一人の女性、そこで出会った60年代の暮らし。彼は「その日」に向けてリー・オズワルドを見張ったり、準備を続けるのだが、そのジョーディでの暮らしに自らの人生の「ホーム」を感じてしまうのだ。

 

 そんな中で近づく11.22。彼は暗殺を阻止できるのか?成功して元の場所に帰るならば、そこは「ケネディ暗殺なき」2011年だ。それはどんな世界なのか?本当に歴史の分水嶺だったのか?ジョーディで会ったセイディーという女性との恋は?彼女を未来に連れていくことは可能なのか?読者が頭をグルグルと巡らせているうちに大団円に向かって話は進む。そして、さらにその向こうに。あの感動的なラストへ。

 

 この小説、「LOST」「FRINGE/フリンジ」などのJ・J・エイブラムスがテレビシリーズ化の交渉に入ったという。もし、それが実現したら、これはもう大興奮ものだ。いやぁ、たまらないぞ。

 

◯この本は2016年10月、文春文庫(上中下3巻)で文庫化されました。

2013.11.19 寒くても晴れた日が続くのは本当にいいなぁ。サッカーも久々にいい試合で。明朝のベルギー戦が楽しみ。読書は窪美澄「雨のなまえ」が終わりそう。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ