また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2014.9/2週)

 

群像 2014年 10月号 [雑誌]
B00MY9Z9CE
東京人 2014年 10月号 [雑誌]
B007146DH2
天野祐吉対話集─
さよなら広告 さよならニッポン

天野祐吉
4875864043
離陸
絲山 秋子

4163901221
笹の舟で海をわたる
角田 光代

4620108073

 

 本も雑誌もどんどん出るなぁ。うれしいような、やれやれのような。前回「変愛小説集 日本作家編」のことをお知らせしましたが、それにリンクするカタチの雑誌「群像」10月号、表紙からもう「変」の字がバカでかく!すごいっ!変愛小説特集です。岸本佐知子×川上弘美×村田沙耶香×本谷有希子の「変愛小説偏愛座談」!川端康成、尾崎翠、泉鏡花など5編を紹介した「変愛小説集 温故知新編」など。いいなぁ、すご〜く変になりそう。出てます!出た雑誌、もう1冊は「東京人」。吉祥寺特集なのですが、タイトルが「大吉祥寺圏を遊ぶ」。三鷹や武蔵境など近隣地区を含めた「東京人」らしい切り口の特集。これもおもしろそう。

 

 では、出る本。「天野祐吉対話集ーさよなら広告さよならニッポン」(9/10)。「広告批評」などに掲載された14編が再録されている。谷川俊太郎、糸井重里、林光、岸田秀、所ジョージ、サトウサンペイなどラインナップが素晴らしい。天野さんのあの声が蘇ってきそう。絲山秋子、久々の新作「離陸」(9/11)はこれまでで一番長い長編小説。紹介文には、命の「離陸」を描いた新境地長編とある。女スパイもの?これは楽しみ!角田光代「笹の舟で海をわたる」(9/12)も出ます。戦後昭和を生き抜いた女たちの物語。こういうのも得意だよなぁ角田さん。読みたい!

 

◯絲山秋子のその他の本の書評はこちら

◯角田光代のその他の本の書評はこちらです

 

            

 

2014.9.8 ううむ、このまま夏は終っちゃうんでしょうか?WOWOW入ってるんで錦織の決勝見られる。テニスの試合を最初から最後まで見たことがないなぁ。読書は辻村深月「島はぼくらと」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ