また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【絵本】ヨシタケシンスケ「もうぬげない」-脱ぐか、脱げないか、それが問題だ!

 

もう ぬげない もう ぬげない
ヨシタケ シンスケ

ブロンズ新社 2015-10-08
売り上げランキング : 25

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ふふふふふ、いいぞいいぞヨシタケシンスケ。前作「ふまんがありま

す」には不満を申し述べてしまった僕なのですが、これはもう文句なし。

文句なしにバカらしくて、文句なしにおもしろい。

 

 最初のページ、服が脱げなくなってバンザイのカッコのまま突っ立っ

てる男の子が1人。「ぼくのふくが ひっかかって ぬげなくなって、も

う どのくらいたったのかしら」。ジタバタしてみるが、服はいっこうに

脱げそうもない。「ぼくは このまま おとなに なるのかな」といろいろ

夢想?しちゃう男の子。そして、彼は開き直っちゃうのである。「そう

だよ! ふくが ぬげないんだったら、ぬがなきゃ いいんだ!」と。お〜

正解、正解!パチパチパチと僕は喜んじゃったんだけど、彼は不安にな

っちゃうのだ。あれとかこれとか…どうするどうする?????

 

 それにしてもおかしいのは、男の子がず〜〜っと「ぬげない状態」で

登場してること。笑っちゃうよなぁ。オチもしっかりと決まって着地も

見事!やっぱりヨシタケシンスケにはかなわない。と思う今日このごろ

なのでした。(No.346)

 

◯ヨシタケシンスケのその他の本のレビュー等はこちら

  

            ◯ ◯

 

2015.12.9 義父の入院騒動などもあり、妻が行ったり来たりしていて

落ち着かない。読書は小川洋子「琥珀のまたたき」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ