また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【文学賞】2019年本屋大賞が決まりました!!!

 今年の本屋大賞は瀬尾まいこ「そして、バトンは渡された 」に決定しました。パチパチパチ!そうかぁ、こっちか。木皿泉の「さざなみのよる 」がイチオシだったのだけど。ううむ、これは未読。読もうと思ったのだけど結局読んでない。でも、瀬尾さんよかったです。Amazonの内容紹介文の引用しておきます。

 

森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作

 

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (20194/2週)

 出た本。松井玲奈「カモフラージュ」。書評家の大森望氏が「カモフラージュ」収録の「拭っても、拭っても」という小説を読んでこんなツイートを残している。

 

「拭っても、拭っても」を読んで、てっきり押切もえ路線で行くのかと思ってたのにぜんぜん違った。松井玲奈畏るべし。ぜんぜんまったく「アイドルの小説」ではありません。

 

 同じく「カモフラージュ」に入っている「ジャム」を読んだ感想。

 

遅ればせながら松井玲奈「ジャム」(小説すばる2月号)を読んだら、お父さんがいきなり4人に増えて帰宅する話で仰天。ラファティ「町かどの穴」かと思いました! すごいな、こんなの書くんだ。集英社の短篇が終わったらぜひ『NOVA』に書いてほしい! という原稿をいまさっきEXwebに書きました。

 

 「カモフラージュ」の帯には作家の島本理生と森見登美彦のコメントが。

 

油断していると、次々予想を裏切るメニューが出てくるような短編集。
――島本理生(作家)
明太子スパゲティをこのうえなくおいしそうに書ける人。信頼せざるを得ないのである。
――森見登美彦(作家) 

 

 というわけで、松井玲奈はあなどれない。これはもう読むしかないじゃないか!

 
続きを読む

【BOOK NEWS】朝日新聞に2つの連載小説、朝井リョウ「スター」&桜庭一樹「小説 火の鳥 大地編」!

 注目の連載小説が朝日新聞で始まります。最新作の「死にがいを求めて生きているの」が好評の朝井リョウ、初めての新聞連載小説が始まります。タイトルは「スター」。今日4月5日の夕刊(週1回・原則金曜日掲載)からスタートです。下記リンクに詳細が書かれていますが、大学の映画サークルで出会った2人の青年が主人公。その後の生き方が描かれてるようです。ううむ、朝井リョウの小説は全部読んでいるので、これはぜひ読みたいぞ。

 

続きを読む

【ドラマ】さてさて2019春ドラマは何を観る???個人的なおすすめはこれっ!

 ううむ、ちょっとヤバい。続けて観ている海外ドラマの次回シーズンが春に3本もある。「グッド・ドクター2」「ブラインドスポット4」「THIS IS US 2」だ。そうなると日本のドラマは4本ぐらいしか観られない。ど、どうなる?

 

 春ドラの前に朝ドラと昼ドラ。1日から始まった広瀬すず主演の「なつぞら」は連続テレビ小説100作目。これは観てます。いいんじゃないかなぁ。期待!さらに倉本聰脚本の昼ドラ。あの「やすらぎの郷」の続編「やすらぎの刻〜道」が8日からスタート!清野菜名、風吹ジュンなどなど。これ1年間のロングラン・ドラマだって。これも、う〜ん、観ます!!

 

 さて、春ドラ。深夜枠もあってもう何本あるか分かりませんが、話題の中心になりそうなのが3本。まずはTBS系日曜21時「集団左遷!!」。廃店候補になった銀行の支店長が行員たちと共に組織に立ち向かっていくという物語。支店長役が福山雅治。香川照之、神木隆之介、市村正規、三上博史、中村アン他。これ池井戸潤原作かと思ったら江波戸哲夫だった。「銀行支店長」「集団左遷」の2作が原作としてあがっています。

 

 日テレ系日曜22時「あなたの番です」にも注目。原田知世、田中圭の新婚夫婦が交換殺人ゲームに巻き込まれるというミステリードラマで、なんと春ドラ、夏ドラの半年間の放送。企画・原案が秋元康。秋元康って最近嫌い。でも、ドラマは観てみたい。もう1本は、山下智久が義手の天才科学者を演じるTBS系金曜22時「インハンド」。実はこれが僕の春ドラ期待度ナンバーワンドラマ。濱田岳、菜々緒、光石研他。最新科学がもたらす難事件に挑戦、というテーマがおもしろそうだし、片手がロボットハンドという主人公のキャラクターもいい。原作は朱戸アオのコミック。

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (20194/1週)

 出た雑誌、本日発売の「BRUTUS」最新号は特集が「花と花束。」。う〜ん、この表紙いいなぁ。花にはずっと興味があります。「花の名前を言える人はいいオトコ、いいオンナ。」って表紙にあるけど、本当か?いずれにしてもちょっと読みたい。

 

◯詳細はこちらから

 

 

続きを読む

【映像化】カズオ・イシグロ原作「浮世の画家」ドラマ化、30日(土)NHK総合21時から放送!

 さてさて、明日また楽しみなドラマが放送されます。「浮世の画家」は、ノーベル賞を受賞したカズオ・イシグロの1986年の作品で「遠い山なみの光」に続く長編2作目、彼の出世作とも言われています。ストーリーはAmazonの内容紹介から。

 

戦時中、日本精神を鼓舞する作風で名をなした画家の小野。多くの弟子に囲まれ、大いに尊敬を集める地位にあったが、終戦を迎えたとたん周囲の目は冷たくなった。弟子や義理の息子からはそしりを受け、末娘の縁談は進まない。小野は引退し、屋敷に籠りがちに。自分の画業のせいなのか…。老画家は過去を回想しながら、自らが貫いてきた信念と新しい価値観のはざまに揺れる―著者序文を収録した新版。

 

続きを読む

【スポーツ】イチロー引退、個人的なイチローおすすめ本はこの2冊!「Number」緊急特集号も出ます

 イチローの引退は既定路線といえばそうなのだけど、ファンとしては今年オープン戦から活躍してレギュラーシーズンも、という淡い期待があった。でも、残念ながらそうはならなかった。やはり1年のブランクは大きかったのかなぁ。いずれにしても、いろいろな意味で野球やベースボールの魅力を体現し、僕らに見せてくれた彼には最大限の拍手を送りたい。本当に楽しかったです。

 

 さて、引退会見でも実証?されたわけだけど、イチローがおもしろいのはその分析能力とそれを言葉にするコメント能力。というわけで、オススメの本2冊はどちらもインタビューとトーク集。でも、この2冊、まったく違う。

 

 ひとつは文春新書から2010年に出た「イチロー・インタヴューズ」。「Number」等で活躍しているスポーツライター石田雄太が出した本だ。インタビュー形式ではなく話を元に石田が記事にしているものも多いのだけど、ここで語られる打撃論は僕のような単なる野球ファンでも興奮させられる。大リーグの戦いの中でどれだけ彼が苦しみ、戦ってきたのか、今こそ読んで欲しい1冊。詳しくはこちらで。

 

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (20193/5週)

 さて、出る本。まずは上橋菜穂子「鹿の王 水底の橋」(3/27)出ます。2015年の本屋大賞受賞作「鹿の王」の続編。前作を読んでいるのでこれはすごく楽しみ。「精霊の守り人」などの上橋ワールドをさらにディープにしたような物語。またホッサルたちに会えるのか。未読の人は前作からぜひ!「鹿の王」は文庫になっています。

 

◯前作「鹿の王」の僕の書評はこちら

 

続きを読む