また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【絵本】竹下文子・文 町田尚子・絵「なまえのないねこ」-僕も名前が欲しい!野良猫は強く強く思った

竹下文子・文 町田尚子・絵「なまえのないねこ」

 

 

 今年のリブロ絵本大賞受賞作。猫好きだし、町田尚子さんの絵が好きなので読んでみた。この表紙の猫が主人公。ノラだから当然名前はない。散歩の途中で見かける猫たちにはそれぞれ名前がついている。靴屋の猫はレオ、本屋の猫はげんた、八百屋の猫はチビ、前半はそんな猫たちの紹介。種類の違ういろいろな猫が登場するからそれだけで楽しい。町田さんの絵は猫の特徴をとらえて見事だし、構図も大胆でおもしろい。

 

僕も名前が欲しい、主人公猫がお寺の猫じゅげむに相談すると、

 

「いいな。ぼくも なまえ ほしいな」

「じぶんで つければ いいじゃない。

 じぶんの すきな なまえをさ。

 ねこ いっぴきぶんの なまえくらい、

 さがせば きっと みつかるよ」

 

 でもでも、それはなんだか難しい。いい名前なんてみつからない!しかも、

 

 こら!

 あっちいけ!

 しっしっ!

 そんなのは なまえじゃない。

 

 さて、ここから物語はどう展開していくのか?主人公猫の悲しみに読んでいる僕らは、なんとも切ない気持ちになるのだけど…。猫はある時、大切なことに気がつく、そして…。

 

 この絵本、主人公の猫が各見開きに必ず登場するので子供たちと「猫探し」をする楽しみもある。いずれにしても町田さんの絵は見飽きないから、何回も何回も手に取って見ることになりそう。
DATA◆竹下文子・文 町田尚子・絵「なまえのないねこ」1500円(税別)

 

◯勝手に帯コピー(僕が考えた帯のコピーです)

 

僕に一番似合う名前、

誰かつけてくれませんか?

 

 2019.11.14  流行語大賞とか紅白の出場歌手とか年末感が強くなってきた。え〜ちょっと待ってくれ!!読書は村田沙耶香「生命式」。またまたとんでもない!!

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ