また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【ドラマ】さて2020冬ドラマは何を見る?期待薄の感じだったのだけど、あれあれあれっ?

 昨年末の秋ドラはなかなか充実していたのですが、冬ドラ、どうなんでしょう?う〜ん、個人的にはぴんと来るドラマが少ないなぁ。あくまで個人的な意見なので、いやいやそんなことない!と思う人もいるかもしれませんが。

 

 さてさてさて行きますよ。のっけから深夜枠!しかも、テレビ東京系で申し訳ない?のですが金曜深夜、ドラマ24枠の「コタキ兄弟と四苦八苦」、チョー気になります。脚本が「逃げ恥」「アンナチュラル」の野木亜紀子!!!!!!監督が「ハード・コア」などの山下敦弘。兄弟が古舘寛治、滝藤憲一、さらに芳根京子、宮藤官九郎、市川実日子、門脇麦、小林薫他という豪華キャスト。無職の兄弟がレンタルおやじを始める話みたいですが、これは本当に楽しみ!!ちなみに40分枠での放送です。


 TBS系日曜劇場の「テセウスの船」にも注目。これミステリーなんですが、原作は「モーニング」で連載されていた東元俊哉の同名漫画なんですね。小説かと思ってた。タイムスリップものにはなぜかすご〜く弱いので確実に見ちゃいます。主演は竹内涼真。鈴木亮平、榮倉奈々、安藤政信、上野樹里、ユースケ・サンタマリア他とこれまた豪華キャスト。

 
 日テレ系の「トップナイフ」は「天才脳外科医の条件」というサブタイトルが付いています。主演は天海祐希。脚本はNHKの朝ドラを蹴飛ばした林宏司。林さんは「コード・ブルー」など医療ものには定評がある脚本家です。脳外科医、というのも気になるところ。共演は椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、三浦友和他。


  ここまではまぁ見ます。ここからはちょっと迷うけれど。日テレ系で吉高由里子主演の「知らなくていいコト」。吉高が週刊誌の記者を演じるお仕事ドラマです。ううむ、吉高ドラマはなんだか見ちゃうなぁ。脚本、大石静なんですよねぇ。共演は柄本祐、佐々木蔵之介、秋吉久美子、小林薫他。


 NNKのドラマが2本。「ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵」、これ、主演の探偵がシシド・カフカなんです。いいよねぇ、彼女。原作は若竹七海の「女探偵・葉村晶」シリーズ。ハードボイルドな探偵をシシド・カフカが演じるというだけでわくわくします。全7回。間宮祥太朗j、津田寛治、大後寿々花 他。枠は49分。

 

 もう1本は「心の傷を癒すということ」。阪神・淡路大震災の時に、被災者の心のケアをした精神科医の物語。主演が柄本祐ですが、メインビジュアルがなかなかいい感じ。尾野真千子さんが出るのも嬉しいです。他は石橋凌、キムラ緑子、森山直太朗、近藤正臣他。これは全4回。これも49分枠。


 深夜帯でもう一本、大切なものを忘れてました。日テレ系のシンドラ「やめるときも、すこやかなるときも」。大好きな窪美澄さんの同名小説が原作です。これは30分枠になっています。どちらも少し問題を抱えた男女2人の物語。原作よかったですよぉ。主演の2人は藤ヶ谷太輔と奈緒。期待!


 いやいやいや、上白石萌音と佐藤健が共演する「恋はつづくよどこまでも」はスタッフがいいしどうなのよ、とか、伊藤英明主演「病室で念仏を唱えないでください」は、なんか面白そうじゃないか、とか、「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」って気になるじゃないか、とかとかとか。あると思うのですけれど、まぁあの、気になる人は調べてみてください。も〜ドラマが多すぎて!というわけで、期待薄と思っていたけど、ううむ、そうでもないか。

 

◆DATA 曜日順に

日21時 TBS系「テセウスの船」1/19~

 

月24時59分 日テレ系「やめるときも、すこやかなるときも」1/20~  30分枠

 

水22時 日テレ系「知らなくていいコト1/8~

 

金22時  NHK「ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜」1/24~ 全7回

 

金24時12分  テレビ東京系「コタキ兄弟と四苦八苦」  1/10~ 40分枠

 

土21 NHK心の傷を癒すということ」 1/18~   全4回

 

土22  日テレ系「トップナイフ」 1/11~

 

 

◯窪美澄さんの「やめるときも、すこやかなるときも」僕の書評です


【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ