また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【広告関連】【追悼】感謝!僕はずっとモンキー・パンチさんの「ルパン三世」の帯コピーを書いていた

 この記事、もう少し早くアップしたかったのですが、すっかり遅くなってしまったなぁ。

 

 4月11日に漫画家のモンキー・パンチさんが亡くなりました。81歳でした。僕はずっと双葉社のコミック関連の仕事をしていて、双葉社コミック文庫は立ち上げのコピーから関わり、その後、ずっと帯のコピーを書いていました。「ルパン三世」「クレヨンしんちゃん」「じゃりン子チエ」「鎌倉ものがたり」「レモンハート」などなど、いったい何冊の帯コピーを書いたことか。

 

 実は僕、この仕事をするまではそれほどコミックを読んでいません。読まないと書けない仕事なので、始まってからはけっこうな量を熟読しました。その中でも印象的なのがモンキー・パンチさんの「ルパン三世」でした。もちろん名前は知っていたのですが、これもまた未読で、勝手に軽薄なイメージを持っていました(すみません、すみません!)。で、読んでみたら、

 

 いやぁ、これはとにかく構成が見事で驚きました。本当によく出来ていて、登場人物のキャラも立っている。絵もスタイリッシュでカッコよかったです。世評はすでに高く、何言ってんだ!、って感じですけどね。とにもかくにも、読むのも楽しく、コピーを考えるのもとても楽しい仕事だったことを覚えています。幸運にも文庫本を手元に残してあったので、いくつか写真で紹介しますね。

 

こちらがオリジナルのシリーズ。四文字言葉をもじったコピーを考えました。

f:id:okuu:20190503100205j:plain



新ルパン三世シリーズも同じスタイルで。

f:id:okuu:20190503100304j:plain

 

モンキー・パンチさんの原作で絵は山上正月さんが描いたルパン三世Yというシリーズではコミックのセリフを活かしたコピーを。

f:id:okuu:20190503100446j:plain

 

  この他にも映画をコミック化したもの、コンビニで売ってた分厚いシリーズの表紙コピーなども書きました。何年間やったのかなぁ。ううむ。文庫化のコピーですからご本人にお会いすることもなく、双葉社の仕事もいつの間にか終わってしまったのですが、これらの仕事は僕のコピーライター人生の中でも忘れがたい仕事でした。というわけで、モンキー・パンチさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。おもしろい物語を、そして、おもしろい仕事をありがとうございました。

 

モンキー・パンチさんのご冥福を心からお祈りいたします。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ