また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【ドラマ】明日から始まるNHK「心の傷を癒すということ」は阪神・淡路大震災後に被災者の心のケアに奔走した若き精神科医の物語です

 阪神・淡路大震災から今日で25年が経ちました。あの日とそれから後の日々、四半世紀経っても思い出したくない、という人も少なくないのではないでしょうか。

 

 さて、先日冬ドラマの話をしましたが、明日から始まる「心の傷を癒すということ」は、あの大地震発生の後、自らも被災しながら被災者の心のケアを続けた若き精神科医・安克昌(あん・かつまさ)さんをモデルにしたドラマです。安さんは日本でのPTSD研究の先駆者になりましたが、39歳という若さで亡くなっています。ドラマでは安さんが自らのアイデンティティに悩みながらも、被災者の心の傷に寄り添い続ける姿が描かれています。彼が何を考え、悩み苦しむ人々とどう接していったのか。ぜひ見てみたいなと思っています。

 

  脚本は桑原亮子さん。彼女は中途失聴の障害者であり、ご自身も西宮市で地震にあった被災者でもあります。これまではラジオドラマを多く手掛けてきた彼女、これが初めての連続ドラマの脚本だそうです。

 

 キャストは安さん役に柄本祐さん、安さんの妻に尾野真千子さん、さらに、濱田岳、森山直太朗、石橋凌、キムラ緑子、近藤正臣、濱田マリ、谷村美月さん他の出演。NHK総合で毎週土曜21時〜21時49分。全4回の放送です。

*再放送は基本的に放送翌週の水曜深夜2時からのようです。

 

◯番組のホームページ

◯脚本家・桑原さんの紹介記事、番組スタッフの思いも書かれています

 ◯安さんの著書(原作ではなく臨床報告)

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ