また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【コミック/感想】今日マチ子「Essential わたしの#stayhome日記 2021-2022」ーあの「Distance 」の続編。少しずつ僕らの日常も変わってきた!

 この連作の特長はコロナを意識させない日常風景を切り取った絵にあるのだが、それでも人々の行動が微妙に変化していることが分かる。コロナが発生して1年以上経った街。マスクは変わらないが、人と人が寄り添っていたり、自然に集まっているようなイラストが多くなっている。今日さん自身の思いや行動も少しずつ変化している。2021年の11月、彼女は1人で初めて東北の被災地を訪れている。少しだけ明るさを感じさせる絵もある。1つ1つの絵をじっくりと見る。そこに息づく人々、少しずつ動き出した暮らし。とはいえ、全体を覆う寂寥感は如何ともしがたい。そのリアル!

 これは今日さんがSNSで発表し続けてきた日記をまとめたものだ。あとがきでそのアクセスは日本以外の外国からの方が今では多数を占めているとある。そのことを彼女は奇跡だと思い「まったく知らない場所の、知らない人の、心の中とつながっている。頭の中が全く違うOSになったような感じだ」と書いていておもしろい。コロナ後にこれを読んだらどんな気持ちになるのだろう?30年後の人々がこれを読んだらどう感じるのだろう?コロナの日々を描いて強く印象に残る1冊。
◆DATA 今日マチ子「Essential わたしの#stayhome日記 2021-2022(rn press)1500円(税別)

 

◯勝手に帯コピー(僕が考えた帯のコピー、引用も)

 

 

 

◯今日マチ子さん「Distance わたしの#stayhome日記」の感想こちら!

【書評ランキングに参加中】押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ