また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■ま行の作家-宮部みゆき

【映像化】宮部みゆき原作ドラマ「荒神」の放送日は2月17日、NHKBSプレミアムで!

荒神 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 宮部 みゆき 新潮社 2017-06-28 Amazon 楽天ブックス 去年の5月にこのブログで書いた放送決定の記事は見てくれる人が多くて、ドラマに対する関心の高さと宮部さんの人気の高さを実感しました。さて、放送日ですが、年…

【書評】宮部みゆき「この世の春」-凍え死にそうな冬の季節を生き延びたひとつの魂の物語

この世の春 上 posted with ヨメレバ 宮部 みゆき 新潮社 2017-08-31 Amazon 楽天ブックス この世の春 下 posted with ヨメレバ 宮部 みゆき 新潮社 2017-08-31 Amazon 楽天ブックス 最初から緊張感のある場面が続き、読み進めていくうちに状況がわかってく…

【BOOK NEWS】楽しみ!楽しみ!デビュー30周年記念特別作品、宮部みゆきの新刊「この世の春」

さてさてさて、今年は宮部みゆきの生誕…じゃなかったデビュー30周年なのですが、新潮社から30周年記念特別作品と銘打った小説「この世の春」が出ます。上下2巻で8月31日発売!30周年記念の特設サイトがあるのですがそこで紹介されているこの小説の惹句が何…

【映像化】宮部みゆき「荒神」がNHKでスペシャルドラマに!!

荒神 posted with ヨメレバ 宮部みゆき 朝日新聞出版 2014-08-20 Amazon 楽天ブックス おぉ、これはうれしいぞ。放送予定は来年の初めになるようですが、100分のスペシャルドラマというスタイル。NHKBSプレミアムでの放送です。この小説は大好きで旧ブログで…

【書評】宮部みゆき「三鬼 三島屋変調百物語四之続」-その「物の怪」は人の心を映し出す

三鬼 三島屋変調百物語四之続 posted with ヨメレバ 宮部 みゆき 日本経済新聞出版社 2016-12-10 Amazon 楽天ブックス 「おそろし」「あんじゅう」「泣き童子」に続く三島屋変調百物語、待望の第4巻だ。宮部みゆきの小説の中でもこのシリーズは本当に新刊が…

【絵本】宮部みゆき/文 佐竹美保/絵「ヨーレのクマー」-寓話性に富んだ美しく悲しい物語!宮部みゆきファン必読

ヨーレのクマー posted with ヨメレバ 宮部 みゆき KADOKAWA 2016-11-21 Amazon 楽天ブックス うううううううーん、これはすごい。本当に素晴らしい。フィヨルドのそばにあるヨーレという町が舞台。クマーはそのフィヨルドを見下ろす山に住んでる怪獣。でも…

【映像化】WOWOW連続ドラマWで原田マハ「本日は、お日柄もよく」と宮部みゆき「楽園」、来年1月から

原田マハの「本日は、お日柄もよく」はロングセラーになってますね。累計30万部というからスゴイ。僕は彼女のアート小説はよく読むのですが、これは未読。文庫になって本屋さんでも目立つところに置いてあるので、読んでみようかなぁ、という気になっていた…

【書評】宮部みゆき「希望荘」-人間の心の奥底にある闇の部分にまで踏み込んでいく強さ

希望荘 posted with ヨメレバ 宮部 みゆき 小学館 2016-06-20 Amazon 楽天ブックス 「誰か」「名もなき毒」「ペテロの葬列」に続く杉村三郎シリーズの最新刊だ。前作の終わりで杉村は今多コンツェルンのムコ殿の立場を捨て妻と離婚して一人ぼっちになった。…

【書評】宮部みゆき「ソロモンの偽証6 負の方程式」-本編とシンクロして見事な書き下ろし中編

ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫) 宮部 みゆき 新潮社 2014-10-28売り上げランキング : 490Amazonで詳しく見る by G-Tools さて、「ソロモンの偽証」文庫化にともなって、最後の6巻に書き下 ろしが付いちゃってる「問題」については、ここで書…

【書評】宮部みゆき「荒神」-これは現代にもつながる人と「怪物」との物語だ

荒神宮部みゆき 朝日新聞出版 2014-08-20売り上げランキング : 4311Amazonで詳しく見る by G-Tools これまで宮部みゆきの時代小説は宮部ワールドの中の時代物、という感じがしていた。しかし、この「荒神」の前半などは、正統的な時代小説の趣がある。宮部み…

【書評】宮部みゆき「ソロモンの偽証 第2部/第3部」-学校内裁判という設定とそのすごさ!

ソロモンの偽証: 第II部 決意上巻 (新潮文庫)宮部 みゆき ソロモンの偽証: 第II部 決意下巻 (新潮文庫)宮部 みゆき ソロモンの偽証: 第III部 法廷上巻 (新潮文庫)宮部 みゆき ソロモンの偽証: 第III部 法廷下巻 (新潮文庫)宮部 みゆき このブログで「ソロモ…

【映像化】おおっ!宮部みゆき「おそろし」ドラマ化!!

おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)宮部 みゆき 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-04-25売り上げランキング : 5412Amazonで詳しく見る by G-Tools おぉ、宮部みゆきの「おそろし 三島屋変調百物語事始」が8月30日からNHK-BSプレミアムでド…

【映像化】宮部みゆき「ペテロの葬列」ドラマ化!

ペテロの葬列宮部 みゆき 集英社 2013-12-20売り上げランキング : 7280Amazonで詳しく見る by G-Tools ちょっと驚いた。「ペテロの葬列」は杉村三郎シリーズの新作で昨年12月に発売になったばかり。放映予定の「月曜ミステリーシアター」枠はシリーズの前2…

【書評】宮部みゆき「ペテロの葬列」-さすが宮部みゆき。構成の巧さ!広がる闇の深さ!

ペテロの葬列宮部 みゆき 集英社 2013-12-20売り上げランキング : 1205Amazonで詳しく見る by G-Tools 「誰か」「名もなき毒」に続く杉村三郎を主人公にしたシリーズの第3弾。彼が日本でも名高い今多コンツェルンのムコ殿であることがこの物語の大きなポイ…

【書評】宮部みゆき「泣き童子」-怪異や物の怪を描いても、そこには愚かさや弱さを含んだ人間たちがいる

泣き童子 三島屋変調百物語参之続宮部 みゆき 文藝春秋 2013-06-28売り上げランキング : 839Amazonで詳しく見る by G-Tools やっぱり宮部みゆきは巧いなぁ。「三島屋変調百物語」の3巻目にあたるこの「泣き童子(わらし)」では、特に構成の妙が光っている…

【映像化】明日から全4回、あの「小暮写眞館」がドラマに。

わっ、びっくりした。あの宮部みゆきの傑作小説がドラマになるなんて。NHKのBSプレミアムで明日31日から全4回。日曜夜に放送されます。BSドラマは突然やって来るからなぁ。あ、BSプレミアムって誰でも見られる局だから、ぜひどうぞ。原作の「小暮…

【書評】宮部みゆき「ソロモンの偽証 第1部」-ラストの藤野涼子の決意、その潔さが読者にも勇気を与えてくれる

ソロモンの偽証 第I部 事件宮部 みゆき 新潮社 2012-08-23売り上げランキング : 240Amazonで詳しく見る by G-Tools 事件は1990年冬、東京下町の中学校で起こった。中2の柏木卓也という男子生徒の死体が校庭で発見されたのだ。バブルの時代という設定がうま…

【書評】宮部みゆき「おまえさん」-シリーズ3作目、至福の読書とはまさにこのこと!

おまえさん(上) (講談社文庫)宮部 みゆき おまえさん(下) (講談社文庫)宮部 みゆき 「ぼんくら」「日暮らし」に続くシリーズ3作目。予定より大幅に遅れ昨秋7年ぶりに出版された。宮部みゆきは巧い、とこのブログでもいつも言っているが、これもまたさ…

【映像化】宮部みゆきミステリー4週連読でドラマに

TBSが月曜夜9時の「月曜ゴールデン」枠で来週月曜から4週にわたって宮部みゆきのミステリーを放映する。7日は「理由」、14日「スナーク狩り」、21日「長い長い殺人」、28日「レベル7」となかなかのラインナップ。寺尾聡、伊藤淳史、田中麗奈、長塚京…

【書評】宮部みゆき「チヨ子」-着ぐるみの中から彼女が見たのは?表題作が特にいい

チヨ子 (光文社文庫)宮部 みゆき 光文社 2011-07-12売り上げランキング : 148Amazonで詳しく見る by G-Tools 宮部みゆきの小説は長編はもちろんだが、短篇でも「なんだ、つまらん」と思うような駄作がない。現代作家の中でも一番の「安心印」作家ではないか…

【書評】宮部みゆき「あやし」-人間の心の奥底にひそむもの、それこそが恐怖

あやし (角川文庫)宮部 みゆき 角川書店 2003-04売り上げランキング : 5989Amazonで詳しく見る by G-Tools さて、久々に新刊以外の本を。文庫にもなっている宮部みゆき「あやし」だ。彼女の小説は大好きでほとんど読んでいる。写真を見ると、なんだか下町の…

【書評】宮部みゆき「日暮らし」-人物の造形、構成の巧みさ、人間ドラマとしての奥深さ!

日暮らし(上) (講談社文庫)宮部 みゆき 講談社 2008-11-14売り上げランキング : 98130Amazonで詳しく見る by G-Tools これは大好評だった「ぼんくら」の続編。単行本も上下2巻でかなり分厚いのだけど、文庫は上中下の3巻。ちょっとビビるがおもしろいか…

【書評】宮部みゆき「あんじゅう」-暗獣=くろすけの存在のあわれさ、せつなさが心を打つ

あんじゅう―三島屋変調百物語事続宮部 みゆき 中央公論新社 2010-07売り上げランキング : 235おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 「おそろし」に続くシリーズ2作目。まずは3つの「うまい」。タイトルがうまい「あんじゅう」は「暗獣」である。中…

宮部みゆき「小暮写眞館」-死を通して描く生き続ける者たちの物語

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)宮部 みゆき 講談社 2010-05-14売り上げランキング : 307おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 宮部みゆきの最新刊は4つの話からなる書き下ろし長編だ。ミステリ ーではない。僕は4つ目の話の途中でやっとそれに気が…

【書評】北村薫・宮部みゆき編「名短篇、ここにあり」-完成度より奇妙な味を優先、うれしいなぁ

名短篇、ここにあり (ちくま文庫)北村 薫 筑摩書房 2008-01-09売り上げランキング : 66051おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 希代の本読みである北村薫と宮部みゆきが選んだ12のおすすめ短篇、となると読まないわけにはいかない。アンソロジーの楽…

【書評】宮部みゆき「おそろし」-早くも円熟の境地?心理描写、情景描写が冴え渡っていて本当にすごい

おそろし (新人物ノベルス)宮部 みゆき 新人物往来社 2010-06-12売り上げランキング : 3048おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 宮部みゆきっていったい何歳なんだろう?と思って調べてみたら今年で49歳。この小説を出した時点では48。48でもう円熟…