また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■出る本、出た本!

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.10/3週)

出る本。三崎亜記「30センチの冒険」(10/14)。彼には「となり町戦争」「バスジャック」「失われた町」「鼓笛隊の襲来」など印象的な長編や短編集がある。独自の世界を切り拓いてる感じがして好きだったのだけど、最近は読んでいない。でもこれはちょっと気…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.10/2週)

今週は出る本2冊。どちらも非常に気になります。1冊目は「雪の鉄樹」「オブリヴィアン」で大注目の遠田潤子の新作長編「ドライブインまほろば」(10/11)。遠田ワールドの古めかしさはけっして好きではないのだけど、なんだかグイグイと引き込まれちゃうん…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.10/1週)

さて、出た本。朝井まかて「眩(くらら) 」が文庫になりました。葛飾北斎の娘である応為(おうい)の物語。宮崎あおいが主役を演じたNHKのドラマも好評でした。未読の人はぜひ!僕の書評も読んでみてください。 眩 (くらら) (新潮文庫) posted with ヨメレ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.9/5週)

さて、このコーナー、3週ぐらい休んでしまいましたが、9月はあまりとり上げたい新刊がなかったなぁ。ま、個人的なセレクトですからね。 今週は新刊が2冊あります。まずは沢木耕太郎「銀河を渡る-全エッセイ」(9/27)、出ました。アマゾンの紹介文を引用…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.9/1-2週)

な、なんだか村田さんの新刊「地球星人」盛り上がってますね。このブログにも「地球星人」の記事目当ての皆さんがドドドッといらっしゃってビックリしました。僕はまだ未読ですが、土曜日発売なのにもう読んじゃった人もいて。早いなぁ、すごいなぁ。 さてさ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.8/5週)

さてさて、出る本。最初は先日ちょっとお知らせした、村田沙耶香の芥川賞受賞第1作「地球星人」(8/31)。装幀がなんだかなぁ、というのはありますが、掲載誌ですでに読んだ人の物語への評価は高いです。先日の朝日のインタビューによると、これは「消滅世…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.8/4週)

先週は引っかかる本がなかったので新刊案内はお休みでした。今週は4冊紹介!まずは出た雑誌。雑誌「MOE」の最新号はスヌーピーの特集。六本木にあるスヌーピーミュージアムは来月で会期を終えて閉館しますが、来年秋には南町田に移転するんですね。「MOE」…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.8/2週)

さて、出た本。いろいろと話題も多い柴崎友香さんの新作「公園へ行かないか?火曜日に」出てました。いいタイトルだなぁ。内容もなかなか興味深い。アマゾンの紹介文を引用してみましょう。 アメリカにいるから、考えること。そこにいないから、考えられるこ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.7/5-8/1週)

このコーナー、先週は個人的にめぼしい本がなかったのでお休みでした。今週もあまりないけれど、ちょっとだけ。出た本。「最後から二番目の恋」「ひよっこ」、そして現在は「この世界の片隅に」の脚本を担当している岡田惠和。彼が銀杏BOYZの7つの詞曲を元…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.7/3週)

出た本。直木賞を受賞した「下町ロケット」の第2弾、池井戸潤「下町ロケット ガウディ計画」が文庫になりました。2015年のTBSのドラマでは5話までが「ロケット編」で6話から「ガウディ編」になっていました。ロケットから人体へ、佃製作所が新たな戦いの…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.7/2週)

出た本。文庫化が2冊。村田沙耶香「消滅世界」が文庫になりました。「コンビニ人間」以前の作品ですが、村田沙耶香のスゴさが分かるパラレルワールド小説。これはぜひぜひ!僕の感想はこちら。 消滅世界 (河出文庫) posted with ヨメレバ 村田沙耶香 河出書…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.7/1週)

さてさて、出た本。河出書房新社編集部『木皿泉 増補新版』出ました。増補新版だから前の版があるのですが、今回は最新小説「さざなみのよる」 刊行記念のロングインタビューなどが新たに入っているようです。このやり方、あまりいいとは思えないけれど、前…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.6/5週)

さてさて、出る本。星野源「音楽の話をしよう」(6/27)がAERAムックから出ます。AERAに連載された対談のノーカット完全版。星野源、なんだかおもしろいからなぁ。しかも、ゲストがなかなか!表紙もいいぞ。読みたい。 細野晴臣/設楽統/吉野寿/神前暁/生…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.6/4週)

さてさて、出た本。「パンダでおぼえる ことわざ慣用句」出ました。これいいなぁ、「肩を落とす」の項には悲しげなパンダの後ろ姿の写真が。「猿も木から落ちる」には、まさにパンダの転落写真が。176枚のパンダ写真と201語のことわざ・慣用句が掲載されてい…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.6/3週)

さて、出た本。宮崎駿監修、スタジオジブリ編の「トトロの生まれたところ」出てました。「となりのトトロ」の舞台になった所沢の四季折々を現地に住む宮崎朱美さんのスケッチと日記で紹介。さらに、宮崎監督のイメージボードやインタビューなども収録。そう…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.6/2週)

え〜っと今週はいろいろいろいろあるぞ。出る本、まずは「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」(6/6)、ほぼ日文庫から出ます。糸井さんの「自伝のようなもの」。古賀さんはアドラー心理学の本「嫌われる勇気」の人ですね。これは読みます。「ほぼ日」の紹…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.5/5-6/1週)

さて、出た雑誌。「芸術新潮」の最新号、特集は「原田マハの、泣ける印象派物語」、アート小説では定評のある原田さんがモネ、マネ、セザンヌ、ゴッホなど7人の画家たちの物語を書き下ろしている。さらに彼女のノルマンディー紀行なども。ちょっと長いけど…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.5/4週)

出た本。ボクシング好きでジムにも通っている角田光代さんの「ボクシング日和」出てました。エッセイです。「空の拳」など彼女のボクシング小説も好き! ボクシング日和 posted with ヨメレバ 角田光代 角川春樹事務所 2018-05-11 Amazonで調べる 楽天ブック…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.5/3週)

出た雑誌。「カーサ・ブルータス」最新号は「猫村さんとほしよりこ」特集。「カーサの猫村さん」の連載100回記念です。カーサらしく、猫村さんが茶室を作っちゃったらしい。ほしよりこさんのインタビュー、石田ゆり子×角田光代対談「私たちの好きな猫村さん…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.5/2週)

さてさて、ゴールデンウィーク明け。張り切っていきましょう!出た本。これはちょっと前ですが、砂田麻美「一瞬の雲の切れ間に」が文庫になっていました。「本の雑誌」の2016上半期ベスト1!作者は映画「エンディングノート」の監督です。一つの人身事故を…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.5/1週)

さすがにゴールデンウィークは出る本が少ない。というわけで、気になる雑誌を紹介。出た雑誌、「小説新潮」の最新5月号がなかなかの内容。個人的に気になるのが矢部太郎×ヨシタケシンスケの対談。副題が「考えちゃう派」の僕たち、だって。そうなのね、考え…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.4/4週)

さて、出る本。昨年度の本屋大賞・翻訳小説部門で1位に輝いた「ハリネズミの願い」の作者トーン・テレヘンの新作が出ます。「きげんのいいリス」(4/26)!アマゾンの紹介を見ると読みたくなるなぁ。ううむ。 あなたに似たどうぶつがきっといます。『ハリネ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.4/3週)

さて、出た本。「本屋大賞2018」出てました。って、10日に大賞が発表になって、その日に搬入になってるのですが、いったいどれぐらい前に結果は分かってるんでしょうね?そうとう前なのかな?ちょっと本屋で立ち読みしてみましたが、一次投票の結果なども載…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.4/2週)

さて、出た本。川上未映子「ウィステリアと三人の女たち」が気になる。短編3つと中編1つを収録。様々な境遇に置かれた4人の女性の話。表紙もなんだかいいなぁ。 ウィステリアと三人の女たち posted with ヨメレバ 川上 未映子 新潮社 2018-03-30 Amazon …

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.4/1週)

さて、出る本。窪美澄「じっと手を見る」(4/5)に注目!窪さんはこのところ試行錯誤を繰り返していたような気がする。その試みは必ずこれからの小説に活かされるはずだ。この新作への期待感も強い。Amazonの紹介文を引用しておきます。 大切な人を、帰るべ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.3/5週)

う〜ん、4月になるとちょっと楽しみな新刊もあるのだけど、今週はあまり気になる本がないなぁ。というわけで、出た本1冊だけ。「宮部みゆきの江戸怪談散歩」、文庫になりました。っていうかこれ2013年に新人物文庫で文庫化されているのですが、今回は角川…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.3/4週)

さて、出た本。2月に本の雑誌社から出た「絶景本棚」が気になる、気になる!というかこれは「本の雑誌」の巻頭で毎号紹介されている著名人の本棚写真をまとめたもの。僕も毎号楽しみにしている。いやぁ〜〜〜〜人の本棚を見るのって楽しいよなぁ。しかも、…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.3/3週)

すみませ〜ん。先週の金曜日に宣伝会議賞の贈賞式に行ったら、その後、正気を失ってしまいブログの更新ができませんでした。だいじょぶか?(ワカラン)。で、まぁ、書きやすいいつもの「これ」から再開しますね。またまたどうぞよろしく!!! さて、出た本…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.3/2週)

出た雑誌。「BRUTUS」の最新号の特集は「東京らしさ」。「みんなで考える、東京の今とこれから」というサブタイトルが付いている。五輪に向かってさらに変貌をとげる巨大シティ・東京。Amazonの紹介をみると読みたい記事がたくさんあるぞ。 BRUTUS(ブルータ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.2/5週)

さて、出た雑誌。「芸術新潮」3月号の特集は「超老力」、横尾忠則と香取慎吾の表紙が印象的です。「大先輩にまなぶ、アートと生きるゴールデンエイジ」という副題でも分かるように美術界に生きる「超老」たちの大特集。表紙の2人の対談をはじめ篠田桃紅さん…