また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■出る本、出た本!

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.1/4週)

出た本。ほぼ日から「星空の谷川俊太郎質問箱」出ました。2007年に出た「谷川俊太郎質問箱」に続く第2弾。「ほぼ日」に寄せられた皆さんの質問に谷川さんが答えるというスタイルの本。今回は64の質問に谷川さんがまさに谷川さんらしい回答をしています。巻…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.1/3週)

さてさて、出た本。木皿泉のエッセイ「木皿食堂2 6粒と半分のお米」が文庫になりました。年末のドラマ、木皿さんらしくておもしろかった。今年はぜひぜひ連続ドラマを買いて欲しいぞ。もちろん、エッセイにも期待! 木皿食堂2 6粒と半分のお米 (双葉文庫…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.1/1-2週)

さてさて、このコーナーも再開です。まずは出た雑誌。年末に出た「和樂」の2・3月号、特集は「A HAPPY NEW 日本美術!」、リキの入った特集です。期待!しかも、「若冲サルグラム風呂敷」が付録でついてくる。これは欲しいなぁ。 ◯公式サイトはこちら 和樂…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.12/5週)

さてさて、今年はもう新刊もないかな、と思っていたのですが、出た本が2冊。まずはいとうせいこう他の「日本語ラップ・インタビューズ」。7人のラッパーへのインタビュー集。日本語と言葉、が気になる人にとっては必読ではないかなぁ。いとうせいこうさん…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.12/4週)

さて、出た雑誌。先回紹介したのは「Casa BRUTUS」の読書特集でしたが今度は「BRUTUS」の方。特集は「危険な読書」。これもまたまた気になる。「読了後にはこの世界の見え方や今後の人生すら変えちゃうかもしれない」そんな本たちの紹介。いやいや怖いなぁ。…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.12/3週)

ではまず、出た雑誌。「Casa BRUTUS」、今月の特集は「LIFE DESIGN BOOK 生き方を変える本」。目次を見ると読みたい人の読みたい記事がいっぱい。これは気になる! Casa BRUTUS(カ-サブル-タス) 2018年1月号 [生き方を変える本。] posted with ヨメレバ マガ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.12/2週)

さて、出る本。綿矢りさ「意識のリボン」(12/5)出ます。いいタイトル!全8編の短編集ですが、内容もなかなかおもしろそう。これ読みたいな。 母親を亡くした二十代の「私」は、「絶対に長生きするからね」と父に誓ったのに、交通事故に遭ってしまう。激痛…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.11/5-12/1週)

まず出た雑誌。「別冊カドカワ」の「総力特集又吉直樹」出ました。又吉のロングインタビュー、女優・のんとのフォトエッセー、西野亮廣との対談など気になる記事が満載。これは読みたいぞ。 ○詳しい内容はこちら 別冊カドカワ【総力特集】又吉直樹 (カドカワ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.11/4週)

出た本。新書で2冊、気になる本が。1冊目は平凡社新書から出た「永六輔-時代を旅した言葉の職人」、著者の隈元信一さんは新聞記者として永さんの最も身近にいた人物。これは読みたいぞ。 永六輔: 時代を旅した言葉の職人 (平凡社新書) posted with ヨメレ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.11/3週)

さてさて今週は1「本」勝負!出る本、今年の文藝賞を受賞した若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」(11/17)出ます。河出書房主催の文藝賞は、綿矢りさなど若手の受賞が多い感じだったのですが、若竹さんは63歳の主婦で歴代最年長。もうこれだけで興味津…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.11/2週)

さて、出た本。角田光代が雑誌「オレンジページ」に長期連載しているエッセイの第三弾、「月夜の散歩」出ました。既刊の「よなかの散歩」「まひるの散歩」はすでに文庫化されています。角田エッセイの楽しさを知りたいならばこれはおすすめ! 月夜の散歩 (OR…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.10/5-11/1週)

さて、出た本。小林聡美「ていだん」、出てました。小林さんはキャラクターも魅力だし、話もおもしろいですよね。前にはいろいろな人たちと散歩しながらの話をまとめた「散歩」という本も出しています。今回は鼎談ですから、ゲストの方2人と語り合ったもの…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.10/3週)

さてさて、出る本。大好きなヨシタケシンスケの絵本「こねてのばして」(10/19)出ます。スキンシップをテーマにした絵本で「ヨシタケ史上、いちばんシンプルで読みやすい」を合言葉にして作ったとか。横長というのもいいな。楽しみ!! こねてのばして pos…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.10/2週)

さて、出る本。注目は川上弘美「森へ行きましょう」(10/11)。日経新聞夕刊に連載された小説です。パラレルワールドに生きるふたりの女性が主人公の「愛と結婚を描いた長編小説」。ううむ、これは楽しみ!!おっ、表紙もいいぞ。 森へ行きましょう posted …

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.10/1週)

さてさて、10月になっちゃいましたね。出た本。そうそう、これも気になっていました。ビートたけし「アナログ」。アマゾンの批評は賛否両論ですが、ほめてる人が多いですね。ま、自分で読んでみなくちゃなぁ。読みます。 アナログ posted with ヨメレバ ビー…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.9/5週)

え〜っと、先週の「出る本」で紹介したあそうかも「猫たちの色メガネ」は29日発売で、今週紹介するべき本でした。ボケてるな。一週間のうちにもう少し内容が分かったのならばいいのだけど、それも何だかよく分からない。あそうさんのツイッターでは 29日発売…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.9/4週)

さてさてさて、出た本、というか出た雑誌。9月15日発売の「Pen」最新号の特集は「運慶と快慶」。26日から史上最大の「運慶展」も東京国立博物館で始まりますしね。巻頭のいとうせいこうさんと井浦新さんの仏像好き対談も楽しそう。読もう!! Pen(ペン) 2017…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.9/3週)

さて、出た本。角田光代訳「源氏物語 上」出ました。前々から書いていたのに、先週の「出る本」に書かなかったのは、最初の予定では12日発売だったから。予定より早めに出ちゃいました。で、買おうと思って、昨日本屋さんに行ったのですが、その分厚さにビビ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.9/2週)

出た本。東京美術から「アンドリュー・ワイエス作品集」が出てました。ワイエスは大好きな画家で美術展の図録は持っているのですが作品集は持っていません。あとで紹介する人気の美術ブログ「弐代目青い日記帳」の中村剛士さんによると、ワイエスの作品集っ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.8/5-9/1週)

さて、出た本。日本推理作家協会賞受賞、直木賞候補にもなった柚月裕子「孤狼の血」が文庫になりました。警察小説として非常に高い評価を受けていて来年5月には映画も公開予定です。これ、読みたいなぁ。本の特設サイトもあります。 孤狼の血 (角川文庫) po…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.8/4週)

出た本。伊集院静の「愚者よ、おまえがいなくなって淋しくてたまらない」が文庫になってました。ううむ、「いねむり先生」は読んだんだけどなぁ。これは読んでない。たぶん、タイトルが情緒的で好きじゃなかったからじゃないかなぁ。でも、文庫になったから…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.8/3週)

さて、出た本。「絵本作家61人のアトリエと道具」出ました。ううむ、これは何だかとても気になるぞ。知らない人も多いけれど、ヨシタケシンスケさん、長谷川義史さん、トーベン・クールマンさん、亡くなった安西水丸さんのアトリエも紹介されている。どんな…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.8/2週)

出た本。俵万智の5つ目の歌集「オレがマリオ」が文庫になりました。東日本大震災後に仙台から息子と共に石垣島に移住した俵さん。収録されている幾つかの歌を読んで気になっていました。紹介文から引用してみますね。これは買おうかなぁ。 「電信柱抜けそう…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.8/1週)

さて、出た本。というか文庫化が2つ。沢木耕太郎「波の音が消えるまで」第1部:風浪編、第2部「雷鳴編」、第3部「銀河編」3冊まとめて出ました。マカオでバカラの深みにハマった若者たちの物語。沢木耕太郎の書いたものはノンフィクションでも小説でも…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.7/5週)

さてさて、出た本。オードリーの若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」が気になってます。東京からキューバに逃亡?した彼の書き下ろしエッセイ。表紙の写真もいいなぁ。「ほぼ日」で連載中のインタビューも楽しいです。 表参道のセレブ犬と…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.7/4週)

え〜っと、出た本。東山彰良「流」、文庫になりました。直木賞受賞作品です。北方謙三が選考委員の感想で「二十年に一度の傑作」と言って、それが帯にもなってます。書評を前のブログで書いたので転載しますね。 ◇フツーにおもしろい小説だ。それ以上でも以…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.7/3週)

出た本。獅子文六「胡椒息子」、出ました。ちくま文庫では7・8・9月と3か月連続で獅子文六作品が刊行されます。「胡椒息子」は彼の作品の中でも一番のイタズラ坊主が主人公。気になる、気になる! 胡椒息子 (ちくま文庫) posted with ヨメレバ 獅子 文六…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.7/1-2週)

さて、出た本。Twitterで人気になった燃え殻さん、糸井さんの「ほぼ日」でもおなじみの彼がcakesに書いた小説「ボクたちはみんな大人になれなかった」が出ました。アマゾンの紹介文は「あの頃の恋人より、好きな人に会えましたか?糸井重里、大根仁、小沢一…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.6/5週)

さて、出た本。「謎の独立国家ソマリランド」が文庫に。無政府状態のソマリアの中になぜか独立した民主主義国家が存在する、それがソマリランド。こういう本が大好きな友人がめちゃくちゃおもしろいって言ってました。 謎の独立国家ソマリランド そして海賊…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.6/4週)

さて、出た雑誌。「MONKEY vol.12」出ました。特集は「翻訳は嫌い?」。「日本翻訳史 明治編」、村上春樹✕柴田元幸の対談2つ「本当の翻訳の話をしよう」「翻訳の不思議」、さらに伊藤比呂美への「鴎外愛」インタビュー、小沢健二エッセイなどなど盛り沢山の…